舞酔い雪 歌詞 大川栄策 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 大川栄策
  3. 舞酔い雪歌詞
よみ:まよいゆき

舞酔い雪 歌詞

大川栄策

1996.8.21 リリース
作詞
吉岡治
作曲
市川昭介
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
わすれていたのに あきらめたのに
今頃いまごろなぜに めぐり
にくいいとしい おも
さけつぐふるえます
ああどうする 笑顔えがおがつらい
よるまち 舞酔まよゆき

あれからながれて ふたふゆふゆ
しあわせでしたか あのひと
かたならべて のむさけ
さむいこころを あたためる
ああどうする どうすりゃいいの
よるかわ 舞酔まよゆき

いまならかえっちゃだめと
いえないままに ゆきなか
きっとえるわ またえる
さけゆらせば こおり
ああいまでも あなたがきよ
よるまち 舞酔まよゆき

舞酔い雪 / 大川栄策 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/08/20 14:07

忘れていたのに、諦めたのに、今頃何故に巡り会う、憎い愛しい想い出に、お酒注ぐ手が震えます、あゝどうする笑顔が辛い、夜の湯の町舞酔い雪・・あれから流れて二冬三冬、幸せでしたか、あの人と肩を並べて飲む酒が、寒い心を温める、あゝどうするどうすりゃいいの・・今なら間に合う帰っちゃ駄目と、言えないままに雪の中、きっとまた逢える、あゝ今でも貴方が好きよ・・好きと云うには少し間が有って言うに言えない舞酔い雪、迷い雪、切なく海に流す迷い酒・・

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:舞酔い雪 歌手:大川栄策