1. 歌詞検索UtaTen
  2. senya
  3. 華鳥風月歌詞

2012.5.28 リリース

「華鳥風月」の歌詞 senya

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
嗚呼ああ はなのようにあざやかに さあ
嗚呼ああ とりのように優雅ゆうが
嗚呼ああ かぜまかせも心地良ここちよい さあ
嗚呼ああ 月明つきあかりらされて

ただしさなんてもの
ひとのモノサシによってわる
この世界せかい 不変ふへんあるとするならば
華鳥風月かちょうふうげつ おごそかでうつくしいもの

後悔こうかいをして
まなび またあゆもう

二度にどあやま
かえさぬように

歴史れきしとは
わらぬ感情かんじょう
めぐめぐって 傷付きずつけて和解わかいされた
世界せかい成長せいちょう

ただしさなんてもの
大人おとなにもからない幻想げんそう
この世界せかい 不変ふへんあるとするならば
華鳥風月かちょうふうげつ おだやかでなつかしきもの

よごれぬことが
正義せいぎなのだろうか?

あやまちのなかにあるけじめに
せられった けがれをおそれぬあい
ただしさとうこと

形無かたちないからこそ
かんじようとおもえる それも
けるものすべて内側うちがわ華鳥風月かちょうふうげつ
はかれないから意味いみがある

だからこそ あい彷徨さまよ

かなしめるこころ
いかれるやさしささえも きっと
けるものすべて内側うちがわ華鳥風月かちょうふうげつ
何処どこまでもうつくしくなれ

いつまでもうつくしくあれ

かちょうふうげつ/せにゃ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:華鳥風月 歌手:senya

リンクコード:

ブログ用リンク:

senya 人気歌詞ランキング

senyaの歌詞一覧を見る