1. 歌詞検索UtaTen
  2. 初音ミク,鏡音リン
  3. 繰り返し一粒歌詞

2010.10.30 リリース

「繰り返し一粒」の歌詞 初音ミク,鏡音リン

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな

都合つごうよくうつされてた錯覚さっかく 意味いみうしなった言葉ことば自覚じかく
ぽっかりいたこのあな二度にどかえしてとまよった路頭ろとう
もういらないからいると邪魔じゃまだから いはしないけどこえてる
この気持きもちが理解りかいできますか もういや

ずっとずっとつづけばいいな すすさきあま幻想げんそう
ガラスしのかすかなひかり からまってける吐息といき

ふかふかねむりにちた うでなかえがつづけた
これが最初さいしょ最後さいごゆめ くなったわたし場所ばしょだって

しんじてたんだ本気ほんきうたがうなんていやはなれていくようながしたんだ
だけど
はじめから全部嘘近付ぜんぶうそちかづいてなんかない こんなにがって馬鹿ばかみたい

あいしてたそうつたえたのは げるためのエサですか
玩具おもちゃはこ中詰なかつめられて きたらてられるんですか

フェイントおもて特別待遇とくべつたいぐう ひっくりかえせば利己主義態度りこしゅぎたいど
わりはいくらでもいたんだって 気付きづかれた人形にんぎょう即退場そくたいじょう
ならべられるものくらべられるもの すこ味見あじみしてすぐバイバイ
この気持きもちが理解りかいできますか さようなら

げられずについた傷跡きずあと なみだなんてもうてこないや
綺麗きれいさそいですらすべよごしててしまうんだどうして

あつかいやすかっただけなんでもおもどおり こんなにもなるまでころがされたわたし
かえしの一粒消耗品扱ひとつぶしょうもうひんあつかい こんなにおどらされて馬鹿ばかみたい

あいしてるそうつたえたのは らすためのエサですか
散々遊さんざんあそんだそのあとてることすらわすれるんですか

そんなかるいフレーズなんだね 便利べんり道具どうぐだったんだね
どんなに後悔こうかいしたって もうもとにはもどらない

あいしてたそうつたえたのは げるためのエサでした
中身なかみなんかどうでもよくて あたらしいものがしかっただけ

あいしてるそうつたえたのは らすためのエサでした
あなたにとってはあそびでも わたし一生背負いっしょうせおつづける

都合つごうよくうつされてた錯覚さっかく 意味いみうしなった言葉ことば自覚じかく
ぽっかりいたこのあな二度にどかえしてとまよった路頭ろとう
もういらないからいると邪魔じゃまだから いはしないけどこえてる
この気持きもちが理解りかいできますか もういや

フェイントおもて特別待遇とくべつたいぐう ひっくりかえせば利己主義態度りこしゅぎたいど
わりはいくらでもいたんだって 気付きづかれた人形にんぎょう即退場そくたいじょう
ならべられるものくらべられるもの すこ味見あじみしてすぐバイバイ
この気持きもちが理解りかいできますか さようなら


リン版歌詞ばんかし

都合つごうよくうつされてた錯覚さっかく
意味いみうしなった言葉ことば自覚じかく
ぽっかりいたこのあな二度にど
かえしてとまよった路頭ろとう
もういらないの ここにられないの
えられないこわれたほんのページ
うらおもて綺麗きれいとげ うご

ずっとずっとつづけばいいな
すすさきあま幻想げんそう
ガラスしのかすかなひかり
からまってける吐息といき

ふかふかねむりにちた
うでなかえがつづけた
これが最初さいしょ最後さいごゆめ
くなったわたし場所ばしょ だって

しんじてたんだ本気ほんきうたがうなんていや
はなれていくようながしたんだ だけど
はじめから全部嘘ぜんぶうそ 近付ちかづいてなんかない
こんなにがって馬鹿ばかみたい

あいしてる そうつたえたのは
げるためのエサですか
玩具箱おもちゃばこなか められて
きたらてられるんですか

フェイント おもて特別待遇とくべつたいぐう
ひっくりかえせば 利己主義態度りこしゅぎたいど
わりはいくらでもいたんだって
気付きづかれた人形にんぎょう即退場そくたいじょう
もどれないよ とおざけたいよ
けられたれないにごった表紙ひょうし
さだめられたのパスワード わた


しんきずあか涙痕るいこん
からいたどくはなびら
んでみてもかぎりはくて
びた薬副作用くすりふくさよう どうして

うそでいいことだけはねがわずにした
ころがされた姿すがた本当ほんとうなの わたし
かえしの一粒ひとつぶ 消耗品扱しょうもうひんあつか
こんなにおどらされて馬鹿ばかみたい

あいしてる そうつたえたのは
らすためのエサですか
散々遊さんざんあそんだ そのあと
てることすらわすれるんですか


そんなかるいフレーズなんだね
便利べんり道具どうぐだったんだね
どんなに後悔こうかいしたって
もうもとにはもどらない

あいしてる そうつたえたのは
げるためのエサでした
中身なかみなんかどうでもよくて
あたらしいものがしかっただけ

あいしてる そうつたえたのは
らすためのエサでした
あなたにとってはあそびでも
わたし一生背負いっしょうせおつづける

都合つごうよくうつされてた錯覚さっかく
意味いみうしなった言葉ことば自覚じかく
ぽっかりいたこのあな二度にど
かえしてとまよった路頭ろとう
くフィルム あばれるヴァイラス
あたたかい温度おんどがすぐこわくなるんだ
くもった色間違いろまちがさがし もういや

フェイント おもて特別待遇とくべつたいぐう
ひっくりかえせば 利己主義態度りこしゅぎたいど
わりはいくらでもいたんだって
気付きづかれた人形にんぎょう即退場そくたいじょう
つめたいまままわらなくなった
がれくるくるったぐな曲線きょくせん
まだなみ扉開とびらひらけて さようなら

くりかえしひとつぶ/はつねみく かがみねりん

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:繰り返し一粒 歌手:初音ミク,鏡音リン

リンクコード:

ブログ用リンク:

初音ミク,鏡音リン 人気歌詞ランキング

初音ミク,鏡音リンの歌詞一覧を見る