1. 歌詞検索UtaTen
  2. キンモクセイ
  3. むすんでひらいて歌詞
よみ:むすんでひらいて

「むすんでひらいて」の歌詞

キンモクセイ
2004.12.1 リリース
作詞
伊藤俊吾
作曲
伊藤俊吾
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
このわりにかいすすふね季節きせつうつわりまでくるわせる
ちちははひかりびてきたから きてる

二人ふたり びることをのぞむならば じらいなどててひととしてある
桃色ももいろけてるきみみみてると こころ

むすんで ひらいてやさしくなれる たしかにながれる血潮ちしお いて
なみだながしてきてもいいなら ぬまできみはなさないと
そうおもえる このごろ

わたしこころみる季節きせつはな 節目ふしめおとずれにいた一輪いちりん
またうたおうか 一頃ひところとはちがわたしねがって

むすんだこぶし小指こゆびからかぞえ いつしか両手りょうてりぬほど
月日つきひはやさにけないように ぬまできみはなさないと
そうおもえる このごろ

むすんで ひらいてやさしくなれる たしかにながれる血潮ちしお いて
なみだながしてきてもいいなら ぬまできみはなさないと
そうおもえるこのごろ
そしてながれるなみだ

むすんでひらいて/キンモクセイへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:むすんでひらいて 歌手:キンモクセイ