1. 歌詞検索UtaTen
  2. 奥村愛子
  3. フリージア歌詞

2005.2.23 リリース

「フリージア」の歌詞 奥村愛子

作詞
奥村愛子,川上夏季
作曲
小池雄治
iTunesで購入
曲名
フリージア
アルバム
万華鏡
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
なみおと瞼閉まぶたとじた
あの日一緒ひいっしょたこのうみ
なみおといていたら
すこしきそうになった

うみ見渡みわたえきのホームで
ゆれていたフリージア 今年ことしいてる
卒業記念そつぎょうきねんきみいた
落書らくがきの文字もじはもうつけられない

いつまでも このままじゃいられない
あのやっとづいた
かなしいほど そらあおくて

なみおと心揺こころゆらす
きみいまどうしているのだろう
なみおといていると
何故なぜきみがいるようで

いつか手紙てがみきみいた
さりげない告白こくはくをジョークにしたのは
まるでこぼれるすなのように
卒業そつぎょうのそのときがやってくるから

かなわないこいは そういつまでも
むねおく一輪いちりん
フリージアのようにいてる

なみおと瞼閉まぶたとじた
あの日一緒ひいっしょたこのうみ
なみおといていたら
すこしきそうになった

なみおと瞼閉まぶたとじた
なみおといているよ

ふりーじあ/おくむらあいこ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:フリージア 歌手:奥村愛子

リンクコード:

ブログ用リンク: