1. 歌詞検索UtaTen
  2. 島みやえい子
  3. 太陽歌詞
よみ:たいよう

「太陽」の歌詞

島みやえい子
2006.10.4 リリース
作詞
Eiko Shimamiya
作曲
Eiko Shimamiya
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ぼくこわれてしまうこときみきずつくのをていた
かぜらない ざした部屋へや

ぼくなにかをおそれている そしてこんなにもとめている
ゆるせないもの ゆるさなければ

あぁ たたかいにれた瓦礫がれき部屋へやにも
太陽たいようはそうひかりばしてくる

あぁ こんなにも自分勝手じぶんかって世界せかいげる
そんなぼく太陽たいよう微笑ほほえみかけるんだ

きみただしさをりかざし ぼくはそのたび敗北はいぼくした
ちいさいころも そしていまでも

あぁ 太陽たいようかしてみたぼくのひらは
きたくてせめぎあう血潮ちしおあふれて

あぁ 物言ものいわぬそのひかりにはじめてなみだした
太陽たいようはずっとぼくゆるしていたんだ

はるかとおとおくなるほど
なが旅路たびじちはだかるきみともにいた
どんなにげて どんなにっても
ここでしかかえされない寸劇すんげきまくろそう

あぁ わかるんだ ぼくなかぼくもどってくる
太陽たいようがそのひかりつつんでくれる

さぁ とおくまででかけよう あたらしいたびへと
太陽たいようにいつまでも見守みまもられながら…

太陽/島みやえい子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:太陽 歌手:島みやえい子