1. 歌詞検索UtaTen
  2. Aqua Timez
  3. 銀河鉄道の夜歌詞
よみ:ぎんがてつどうのよる

「銀河鉄道の夜」の歌詞 豆富小僧 ED

Aqua Timez
2011.2.16 リリース
作詞
太志
作曲
太志
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ひとりぼっちをせて よるはし列車れっしゃ 車窓しゃそうからえる家々いえいえあか
そのひとつひとつに それぞれのよろこび それぞれにれるかなしみがある

あいいたみをしがるから 芽生めばえてもそだてるのは容易たやすくない
かせるほどとげすから おもいがつよいほど おもどおりにいかない

ばせば ばせば とどくようながして
ばすほど ばすほど 暗闇くらやみふかくなり ひかりつよく・・・

このよる真実しんじつに このよる正体しょうたいすこしずつ気付きづきはじめてしまった
まぶしさにすべてを見透みすかされたくなくて 暗闇くらやみへとんだのはだれ?

不幸ふこうになりたいなんてことを ねがってるひとはいないのに
皆幸みなしあわせになりたいだけなのに きることはもう 迷宮めいきゅうのようで

ばせば ばせば とどくようながして
ばすほど ばすほど 暗闇くらやみふかく・・・

もっととおくへ もっととおくへ きたくてほほらし
もっととおくへ もっととおくへ きたくてあせってすす

まぶたのうら そこにはただ まぶしいほどの銀河ぎんがうみ
まだなんにもわってない まだはじまってさえもいない
いますべすべてがいま さぁあるけるだけをあるこう
途方とほうもないうつくしさと ひろがりにちた世界せかいきる

かぜくついて ゆめいかけるとめたのこと
わすれてない まれたての ひかりのようなワクワク
まだこんなに まだこんなに ぼくこころゆめれる
自分じぶんですら 不思議ふしぎなくらい たしかな足取あしどりで今日きょうすす

もっととおくへ もっととおくへ

銀河鉄道の夜/Aqua Timezへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:銀河鉄道の夜 歌手:Aqua Timez