1. 歌詞検索UtaTen
  2. 藤巻亮太
  3. 昭和歌詞
よみ:しょうわ

「昭和」の歌詞

藤巻亮太
2019.4.3 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
海沿うみぞいの みちをひたはし
あせこともなく いそ理由りゆうもなく

宛名あてなのない手紙てがみのように
えるねずみ花火はなびのように

まぶしい日差ひざしが横顔よこがおつめたいかぜけるだろう
あいされたぶんまでとおくまで こうとめてしたたび

おきふねは いつ頃戻ごろもどるだろう
ちわびるかげが ガラスしにうつ

ゆめのためうためきるため
あいするひとそばにいるため

まぶしい西日にしびかたいてきて せつないおもいがむねめる
あいされたぶんまでつよくなれ かせながらたびつづ

潮風遠しおかぜとおはこべと 落葉おちばひろい そこへげた

うみ地平線月ちへいせんつきらし ひとぬくもりがこいしくなる
さびしさの分優ぶんやさしくもなれ 一人ひとりもろささえめて
てしなくつづよるなか街灯がいとうかりかぞえてすす
あいされたぶんまでとおくまで その意味いみさがしたたび


昭和/藤巻亮太へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:昭和 歌手:藤巻亮太