1. 歌詞検索UtaTen
  2. 藤巻亮太の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

藤巻亮太の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

170 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

3月9日

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます せわしく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く

粉雪

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:粉雪舞う季節はいつもすれ違い 人混みに紛れても同じ空見てるのに 風に吹かれて 似たように凍えるのに

もっと遠くへ

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:もっと遠くへ行きたいと願った たった一度生まれてきた奇跡は計り知れない だから だからこそ怖いのかもしれない レールに乗っかるのも無限に広がる自由も

回れよ地球

20th Century

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:回れよ地球 さあはじめよう すれ違った学生の 元気なさげな横顔を見て

花鳥風月

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:手を引いたら柔らかく ほほ寄せたら暖かく 綿毛舞う春先の空は青く 買い物かごで揺れている 野菜の色は様々

粉雪

藤巻亮太

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:粉雪舞う季節はいつもすれ違い 人混みに紛れても同じ空見てるのに 風に吹かれて 似たように凍えるのに

3月9日

柴咲コウ

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます せわしく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く

粉雪

中島美嘉

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:粉雪舞う季節はいつもすれ違い 人混みに紛れても同じ空見てるのに 風に吹かれて 似たように凍えるのに

春夏秋冬

レミオロメン

歌詞:春は月に笑う様に 夏は花火に恋をする様に 秋は空を吸い込む様に 冬はどこまでも駆け抜ける様に

ベテルギウス

藤巻亮太

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:木星軌道ほどの大きさで ベテルギウスの孤独は膨れ上がった 丁度その頃 地球の裏側まで トンネルを掘って自分を探しに行ったけど

スタンドバイミー

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:枕木 昼下がりの線路独り占め コインと太陽が出会ってスタンドバイミー 夢見た冒険はいつでも炭酸の味 飛行機雲二列並んだ空の香り

蜃気楼

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:真っ直ぐに伸びた高圧線が空を切り取って 龍の巣の様な入道雲がそれを横切った 退屈に縛られた太陽は夏の日差し 迷走の足跡から伸びる影法師

南風

レミオロメン

歌詞:騒ぎ立てる鳥の群れ 傾いた秒針追って 南風はどこだろう? 君は探す 戸惑いなく晴れる空

3月9日

Little Glee Monster

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます せわしく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く

朝焼けの向こう

藤巻亮太

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:移りゆく時代の波と 変わり映えしないこの街と 景色を押し流してゆく 力はどこからくる 激しく

太陽の下

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:ぼんやり日が落ちて 輝く星 太陽の贈り物 曖昧な地平線 その向こうでも人は営んでる

日めくりカレンダー

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:戻らない 破いてしまった 日めくりカレンダー 長い影 引きずって追ったボールも夢もさ

恋の予感から

藤巻亮太

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:どうしようもない愛しさを 何に例えられようか どうしようもないやるせなさと それは似ているのかな 風は君の髪を撫でていたね

ありがとう

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:愛する人がどんどん増えてく それって素敵な事ね きっと人生 宝物なんだ 愛する人の笑顔が見たくて

幸せのカタチ

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:もしも二人 愛の神秘で 愛の力で目覚めたならば 星もベッドも飛び越えて 何時だってそこでひとつになれるのに

Heroes(Album ver.)

藤巻亮太

作詞: 藤巻亮太 ..

作曲: 藤巻亮太

歌詞:光の中で闇が生まれて 大きく秤をくずしてしまう時 闇夜に叫び地を這う者たち 街は切り裂かれ絆は絶たれる

翼(メジャー 友情の一球 ED)

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:Ah 人生は旅だと言われる 伸るか反るかの境目をどう生きる? Ah 心は宇宙だと言われる

小さな幸せ

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:どんな大きな失敗もあるけど いつかは笑って生きていけるように 誰だって心に隙間や傷があるもんさ そう君が笑えば僕も嬉しくて

3月9日

山崎育三郎

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます せわしく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く

3月9日

藤巻亮太

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます せわしく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く

夢の蕾

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:冬の終わりに風が吹いた 妙に暖かくて泣きそうになった あなたの笑顔が いつでも僕の励みだった その温もりを

茜空

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:夕べの月の 一昨日の残りの 春の匂いで目が覚める 私の好きなスニーカーで通う道に咲いた桜並木

3月9日

小野大輔(Vacances”)

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます せわしく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く

Wonderful & Beautiful

レミオロメン

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:6キロ前から渋滞の列が スキー板の様に 冬の首都高を 交互に滑った 僕は苛ついた

大地の歌

藤巻亮太

作詞: 藤巻亮太

作曲: 藤巻亮太

歌詞:無力という名の雨が降り 無情という名の風が吹く 人の道理の届かぬ果てで 大地の摂理はあるがまま