1. 歌詞検索UtaTen
  2. Lisa Halim
  3. 夜に駆ける歌詞
よみ:よるにかける

「夜に駆ける」の歌詞

Lisa Halim
2020.12.16 リリース
作詞
AYASE
作曲
AYASE
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
しずむようにけてゆくように
二人ふたりだけのそらひろがるよる

「さよなら」だけだった
その一言ひとことすべてがかった
しずしたそらきみ姿すがた
フェンスしにかさなっていた

はじめてったから
ぼくこころすべてをうばった
どこかゆめ空気くうきまときみ
さびしいをしてたんだ

いつだってチックタックと
世界せかい何度なんどだってさ
れる心無こころな言葉ことばうるさいこえ
なみだこぼれそうでも
ありきたりなよろこびきっと二人ふたりならつけられる

さわがしい日々ひびわらえないきみ
おもかぎまぶしい明日あした
けないよるちてゆくまえ
ぼくつかんでほら
わすれてしまいたくてめた日々ひび
きしめたぬくもりでかすから
こわくないよいつかのぼるまで
二人ふたりでいよう

きみにしかえない
なにかをつめるきみきらいだ
見惚みとれているかのようなこいするような
そんなかおきらいだ

しんじていたいけどしんじれないこと
そんなのどうしたってきっと
これからだっていくつもあって
そのたんびおこっていていくの
それでもきっといつかはきっとぼくらはきっと
かりえるさしんじてるよ

もういやだってつかれたんだって
がむしゃらにべたぼくはらきみ
もういやだってつかれたよなんて
本当ほんとうぼくいたいんだ

ほらまたチックタックと
世界せかい何度なんどだってさ
きみため用意よういした言葉ことばどれもとどかない
わりにしたい」だなんてさ
られて言葉ことばにしたとき
きみはじめてわらった

さわがしい日々ひびわらえなくなっていた
ぼくうつきみ綺麗きれい
けないよるあふれたなみだ
きみ笑顔えがおけていく

わらない日々ひびいていたぼく
きみやさしくわりへとさそ
しずむようにけてゆくように
いたきりれる
わすれてしまいたくてめた日々ひび
べてくれたきみ
すずしいかぜそらおよぐようにいまけていく
つないだはなさないでよ
二人ふたりいまよるしていく

夜に駆ける/Lisa Halimへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:夜に駆ける 歌手:Lisa Halim