1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小松未可子
  3. 流れ星じゃないから歌詞
よみ:ながれぼしじゃないから

「流れ星じゃないから」の歌詞

小松未可子
2017.5.10 リリース
作詞
Q-MHz
作曲
Q-MHz
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
綺麗きれいだったね
あれはもうぎた季節きせつ
電車でんしゃまど とおくにえる突然とつぜん花火はなび

もしかしたらうかもしれない
えてもわからなくて
ホームでただまって
ちいさなひかりを ずっと無言むごんのままながめてた

ながぼしじゃないけど
いて わたしねがいごとをひとつ
このまま大事だいじひとそばにいたい
いつまでもそばにいたい

だけど 気持きもちすれちがはじめてたの
づいたときおもした
うつくしくえていった花火はなび
あのはもうとどかない場所ばしょにある

ながぼしじゃなかった
きっとさ 欲張よくばりなわたしわるいんだね
いつでも大事だいじひと見失みうしなってしまうのはどうしてよ?

こたえがない夜空よぞら今日きょう
星座せいざかべてまわるよ
けてきたら いてみようか 素直すなおになりたくて

ながぼしじゃないかがやきは
こころなかいろあせない
ちかづけないままのひかりよ いまもむねらして
たのしかったとってもとどかない
ねがいごとは ながぼしじゃないからかなわない

流れ星じゃないから/小松未可子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:流れ星じゃないから 歌手:小松未可子