1. 歌詞検索UtaTen
  2. 半田健人
  3. 蕎麦屋の娘歌詞
よみ:そばやのむすめ

「蕎麦屋の娘」の歌詞

半田健人
2018.5.30 リリース
作詞
半田健人
作曲
半田健人
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ぼくきな蕎麦屋そばやむすめ
スタイルがよくて ユニークなんだ
一緒いっしょらしたかった
きみをうちからってしまったぼくだけど
かえってったところは
ほかおとこのところだったね
あれから十年じゅうねん ぼく三十さんじゅう
わらずにあいしてるのは
ぼくおとこだからだろうか

ぼくきな蕎麦屋そばやむすめ
とうさんにも おかあさんにも
世話せわになりました
きみをうちからってしまったぼく
今日きょうもお蕎麦そばをご馳走ちそうになる
そんな有様ありさま
あれから十年じゅうねん なつはもうすぐ
暖簾のれんこうのしろうで
もしやきみだっただろうか

蕎麦屋の娘/半田健人へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:蕎麦屋の娘 歌手:半田健人