1. 歌詞検索UtaTen
  2. alcott
  3. 小火歌詞
よみ:ぼや

「小火」の歌詞

alcott
2018.11.14 リリース
作詞
貴田宰司
作曲
貴田宰司
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
部屋へやなか一人ひとりでいた
いくつになっても片付かたづけられないものだから
きみがいたら わかってるよ
なに今更いまさらのおさら

昨日きのうった居酒屋いざかやには
きみきなおさけ真似まねしてみるけど
苦手にがてだった 砂糖さとうみたいでさ
あのくれたチョコレートみたい

ひとさじおもいやりがあったら
なにわっていたかな
こんな薄味うすあじ未来みらいをまだせないままでいる

いたいなんておもわないようにしてたのに
いま駄目だめそうだ
いたくていたくて
あわみたいにえるのをって
えないなんておもわないようにしてたのに
ゆめるんだ
いたくていたくて
ただのひとごとだけど

最近さいきんったCDがきで
きもかえりもリピートしていたら
すこしだけどつよくなれた
どこか自分じぶんていたから

うそつきって世界せかい一番いちばんきみわせたくなかった
いまじゃ本当ほんとうもまがいものでもわからないよ
まだわかりたくないよ

わすれてしまえこんなかなしみなど
なんておもってみてもおもしてしまうなら
いっそ一緒いっしょきていこう
きみこいをしていたそいつもまたぼくだから

いたいなんてわないようにしてたのに
格好かっこうつかないや
いたくていたくて
どうかきみにはこえないように
えないなんてかなわないようにしてたのに
こんなことばかり
いたくていたくて
まだきみきなこと
うそにできなかったよ
ただのひとごとだけど

部屋へや中一なかひとでいた
なに今更いまさらのおさら

小火/alcottへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:小火 歌手:alcott