1. 歌詞検索UtaTen
  2. Uru
  3. プロローグ歌詞

2018.12.5 リリース

「プロローグ」の歌詞

ドラマ 中学聖日記 主題歌

Uru

iTunesで購入
曲名
プロローグ
アルバム
プロローグ
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
にかかるかみ
かきわけたゆび
こわれそうでどこか
さび背中せなか

たよりない太陽たいよう
にじませながら
微笑ほほえんだ その横顔よこがお
つめていた

いつのにかそのすべ
視界しかいはいってくるの
こころ波打なみういたみに
どうしてづいてしまったの

あなたをさがしてる
かくしたひとみおく
だれにもえぬように
もなくて彷徨さまよいながら

あなたと世界せかい
いつでも綺麗きれいだった
そらにはひとつだけ
あわひかちいさなほし
のこってる

もとめてははな
めないこころ
つめられるほど
うそがつけない

ちからなく点滅てんめつする
あの街灯がいとう
見上みあげてた その横顔よこがお
やさしかった

やぶれそうにふくらんで
真赤まっかれた果実かじつ
だれかのっている
ねえ、それは わたしだった

あなたがあふれて
おさえたむねかずだけ
かくせない「はじまり」を
つぎからつぎひらつたえていくよ

かぜつめたいのに
まったこころあかいままで
あなたにれたいとおもってしまった
どうして二人ふたり出会であったの

いたくてくるしくて
それならえないように
どこかへんでいけ
そうおもうのに

あなたをさがしてる
何度なんど名前なまえんで
そらにはひとつだけ
あわひかちいさなほし
かべて

ぷろろーぐ/うる

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:プロローグ 歌手:Uru

リンクコード:

ブログ用リンク:

Uru 人気歌詞ランキング

Uruの歌詞一覧を見る

Uruの特集

Uruの特集を全て見る

Uruのニュース

Uruのニュースを全て見る