海を見たいと思った 歌詞 森田童子 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森田童子
  3. 海を見たいと思った歌詞
よみ:うみをみたいとおもった

海を見たいと思った 歌詞

海を見たいと思った 歌詞

森田童子

1976.11.21 リリース
作詞
森田童子
作曲
森田童子
編曲
石川鷹彦
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
夜汽車よぎしゃにて
ふとをさました
まばらな乗客じょうきゃく くら電燈でんとう
まどガラスに もうわかくはない
ぼくのかお
いますぐうみいますぐうみ
たいとおもった

さきのない
たびてに
ひとり砂浜すなはまにねそべって
めないさけんだ
いてみようとしたが
けなかった」

ある ぼくの
コートのかたち
もうふるいことを った
ひとりで きてきたことの
さみしさに づいた
まりのうみまりのうみ
ぼくはかえ

海を見たいと思った / 森田童子 の歌詞へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:海を見たいと思った 歌手:森田童子