1. 歌詞検索UtaTen
  2. nicoten
  3. 真夜中特急ノスタル号歌詞
よみ:まよなかとっきゅうのすたるごう

「真夜中特急ノスタル号」の歌詞

nicoten
2015.4.1 リリース
作詞
岡田一成,田淵智也
作曲
広瀬成仁
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
最終列車乗さいしゅうれっしゃのっかって あてどもなくたびます
となりせきには だれもいない だれもいない

最終列車乗さいしゅうれっしゃのっかって あてどもなくたびます
肯定保証こうていほしょうは かけらもない かけらもない
おもたい窓押まどおげて センチメンタル、かぜせて
ひとつずつ このまちいていく

なんでだい?いつから 「たのしい」って感情かんじょうかって
理由りゆうもとめるさまになってしまったの?

ぼくらは ぼくらは もうもどれないのかな
あのころがよかった ずっとずっとかった なんて綺麗きれいごと
そんな簡単かんたんそうにうなよ
ぼくらは ぼくらは まっすぐあるけてるのかな
わからないけど 不安ふあんだけど せっかくきてんだ
それをつけたくて つぎまち

夜更よふけのかぜをコンパスに あてどもないたびつづ
こころ隙間すきままりゃしない まりゃしない
としるだけふくらんだ リュックサックがまらないや
余計よけいものあふれているけど

なんでだい?いつから 「さみしい」って感情かんじょうおもりが
心天秤こころてんびんかたむけてしまったの?

ぼくらは ぼくらは わらっていられたはずだよな
きな歌歌うたうたって きな映画見えいがみきな人想ひとおもって
そんな純粋じゅんすいえがいてた
ぼくらの ぼくらの 「本当ほんとう」はどこにあるかな
見当みあたらないけど 心細こころぼそいけど それでもきてんだ
つからないなんて あってたまるかよ

淡々たんたん列車れっしゃ車輪しゃりんおとこだまして
ぼくあせってたことなんだか づいたよ
困難こんなんめいて本当ほんとう単純たんじゅんめいてそうなんだ
心天秤こころてんびん自分じぶん感情かんじょうでいくらだってうごかせるよ そうだろう そうだろう

ぼくらは ぼくらは もうもどれないんだけど
あのころがよかった ずっとずっとかった なんてことないよ
根拠こんきょがないならつくるから
ぼくらは ぼくらは いまあるいてくからさ
さみしい」が ちょっと かるくなれ ちょっと そんなふううたって
できるならわらって まどからてちゃえばいいよ
たのしい」をちゃんと 無邪気むじゃきんで
むねったぼく列車れっしゃはしってく

真夜中特急ノスタル号/nicotenへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:真夜中特急ノスタル号 歌手:nicoten