1. 歌詞検索UtaTen
  2. HUMMING BIRD
  3. 光なき夜をゆけ歌詞
よみ:ひかりなきよるをゆけ

「光なき夜をゆけ」の歌詞 人形草紙あやつり左近 OP

HUMMING BIRD
2000.5.24 リリース
作詞
石川雅敏
作曲
福山芳樹
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
たされないとわかっても
もとめるのか永遠えいえん
罪人ざいにん聖者せいじゃ狭間はざま
せつときつないで

おわりのないあやまちに
いろどられた世界せかい
化石かせきもり姿すがたえて
かなしみの神話しんわをつむぐ

いつか身体からださえかぜになり大地だいちかえるだろう
だけどこころ何処どこへゆくのかひとこたえをらない
そしてあるきだす
ひかりなきよるをゆけ

ふかやみかれて
かくしてたなみだがおちる
瓦礫がれきまちあわれむように
つきほのおらめく

欲望よくぼうあいももう見分みわけがつかない この世界せかい
まぼろしりながらむねいやすものを ひとつづける
いたみとえに 真実しんじつさがすように

たされないとってももとつづける
かぎりあるいのち気高けだかひびかせて
かぜになり大地だいちへとかえときまで
たましいはさまよいつづければいい
そしてひとはまた あるしてゆく
ひかりなきよるをゆけ

光なき夜をゆけ/HUMMING BIRDへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:光なき夜をゆけ 歌手:HUMMING BIRD