1. 歌詞検索UtaTen
  2. plenty
  3. 夜の雨歌詞

「夜の雨」の歌詞 plenty

2015/10/7 リリース
作詞
江沼郁弥
作曲
江沼郁弥
文字サイズ
よみがな
hidden
よるあめ いろどるネオン
無機質むきしつなさみしさがおお
ぼくこころ うすいガラス
無機質むきしつ疑問ぎもんがうつる

とどのつまりなんなんだ
ぼく正体しょうたいはなんだ
いったいどうするべきだ
ボクハ、ナヤンダ
ボクハ、ナヤンダ
つまるところなんなんだ
暗中模索あんちゅうもさく結果けっか
いったいどうするべきだ
ボクハダレダ
ボクハダレダ

「わかること」と「わからなさ」は
どこでおぼえ いつおぼえた
自然しぜん」なこと「不自然ふしぜん」なこと
どこでかんじ いつかんじた
よるのかなた 意識いしきのかなた
すくいもなく こたえもなく
それでもなおきつづける
よるあめはまだまない

よるまち いきをひそめる
こころこえ うるさくなる
ねがいだから ほっといて
でもこころ手離てばなせない

とどのつまりなんなんだ
ぼくこころとはなんだ
いったいどうするべきだ
マタ、ナヤムンダ
マタ、ナヤムンダ
つまるところなんなんだ
八方はっぽうふさがりなんだ
いったいどうするべきだ
ボクハドコダ
ボクハドコダ

ねえこんなにも曖昧あいまいなのに
ぼく存在そんざい曖昧あいまいなのに
シアワセとかカナシミとか
あふれそうさ こわれそうさ
記憶きおくのかなた 細胞さいぼうのかなた
こたえはある どこかにある
さがしながら きつづける
あらがいながら ずっと ずっと

ひとこころってなんだ
ひと正体しょうたいはなんだ
孤独こどくないきものなのか
それだけじゃないはずだ
ぼくだけひとりのようで、
みんながひとりのようだ
とどのつまりそうなんだ
よるあめはもうあがった