1. 歌詞検索UtaTen
  2. 沖ちづる
  3. 向こう側歌詞
よみ:むこうがわ

「向こう側」の歌詞

沖ちづる
2017.2.15 リリース
作詞
沖ちづる
作曲
沖ちづる
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
東京とうきょうにはもうすぐゆき
今年ことしはじめてのゆきるらしい
それでも今日きょうつめたいあめっていて
ふるびたまどしずくねている

今日きょうなつかしい友人ゆうじんあつまりで
みんながマフラーを一斉いっせいはずしてゆく
紅茶こうちゃみっつ、あとコーヒーがひと
かおのほころんだみんながはな

えきからはなれたあかとびら喫茶店きっさてん
つめたいあめまどこうがわ

まえかれからはなれられないとなげ
あのまぶたはきらきらとひかっている
こころんだいのはなしをしてる
あのくちびるあでやかなオレンジ

みんなわらってた いま一番いちばんたのしいねと
ただわたしうなずいた うなずくだけうなずいた

なんにもないなわたしには
なんでもないよとごまかして
なんにもないなわたしには
なんでもないよとごまかして

湿しめった空気くうきはい喫茶店きっさてん
あたたかなときがゆっくりとながれている
こんなあめ昼下ひるさがりでもすこさわがしく
カラフルなかさ次々つぎつぎたたまれてゆく

就職先しゅうしょくさきまりそうなんだとわら
あのすこずかしそうにはな
みんなはおおきなこえげてよろこんで
いわいしなきゃねとわたしほういた

えきからはなれたあかとびら喫茶店きっさてん
このあめゆきわってゆくだろうか

なんにもないなわたしには
なんでもないよとごまかして
なんにもないなわたしには
なんでもないよとごまかして

なんにもないなわたしには
なんでもないよとごまかして
なんにもないなわたしには
なんでもないからにせずに

向こう側/沖ちづるへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:向こう側 歌手:沖ちづる