1. 歌詞検索UtaTen
  2. 広瀬倫子
  3. 月を見つめて哭いた歌詞
よみ:つきをみつめてないた

「月を見つめて哭いた」の歌詞

広瀬倫子
2018.6.20 リリース
作詞
尾崎亜美
作曲
尾崎亜美
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
わすれる」「わすれない」
わすれられる」っておもってたのに
どうしようもない気持きもちと
つめたいひざかか
Alone.....今頃いまごろ あなたは家路いえじをゆく
Alone.....それとも あてもなく彷徨さまよっている

あさねむりを かえしては
あさるのをっているの
ただきずついた動物どうぶつのように
つきつめていた

しんじる」「しんじない」
まもりたいひとまもれなくなる
しいものなんてたりまえすぎて
こたえはNothing
Alone.....どうしてわからなかったんだろう
Alone.....自分じぶんきしめることはできない
あめっても かぜいていても
あなたのそばにいたかった
ときうつろいに けないようにと
はなのように

あさねむりを かえしては
あなたのこえさがしている
ただひとときのゆめらしてと
つきつめていた

月を見つめて哭いた/広瀬倫子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:月を見つめて哭いた 歌手:広瀬倫子