1. 歌詞検索UtaTen
  2. 和氣あず未
  3. シトラス歌詞
よみ:しとらす

「シトラス」の歌詞

和氣あず未
2020.1.29 リリース
作詞
宮嶋淳子
作曲
トミタカズキ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
いまわすれないよ
シトラスが夕焼ゆうやけにかおってえる

はじめてのこいみのらないっていうけど
それでも全力ぜんりょくきでした
さくらはないちねん一度いちどかならくのにね

つたえたい言葉ことばおおすぎて 空回からまわりしてはきたかった
大人おとなになったらありふれてる そんなはなしでも

いまわすれないよ
シトラスが夕焼ゆうやけにかおった
こうすればかったって 記憶きおくならえては
せつなくなるよ ああ...本当ほんとうきだったんだ
いつか後悔こうかいとか おももにじんでいくのかな
きみわらったかおはなにかかったこえ
バイバイありがと

きみはいつだって自転車じてんしゃして
じゃあねってったよね かえみち
ずっとその背中せなか 見送みおくっていたんだよ かえがして

ときながれにうずもれながら きみじゃないひときになった
それでもなぜだろう あのころだけ 特別とくべつなままで

すこせたそらにシトラスがふっとかおたび
くしてしまったなによみがえがして
きみがいた季節きせつ ったりたりする
二度にどえないから こんなにもほろにがいのかな
かえらないまま きみえなくなった
とおがりかど かべる

おもえばそう きみむすばれること
その意味いみらないで
ただゆめばっかみていたね
きみ夕暮ゆうぐれにおもしてるの?
あのにおいやけるかぜ

意味いみのないこいなら
なにもかもとっくにえてるよ
むねをチクッとすのは いまでも大事だいじだから
えなかったけど きになってよかった

ずっとわすれないよ
シトラスが夕焼ゆうやけにかおった
きみわらったかおはなにかかったこえ
バイバイありがと

まる まち片隅かたすみ
じれば かんじるシトラス

シトラス/和氣あず未へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:シトラス 歌手:和氣あず未