1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森山良子
  3. 桜色舞うころ歌詞
よみ:さくらいろまうころ

「桜色舞うころ」の歌詞

森山良子
2008.3.5 リリース
作詞
川江美奈子
作曲
川江美奈子
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
桜色さくらいろうころ わたしはひとり
さえきれぬむねくしてた

若葉色わかばいろもえゆれば おもいあふれて
すべてを見失みうしない あなたへながれた

めぐる木々きぎたちだけが ふたりをていたの
ひとところにはとどまれないと そっとおしえながら

枯葉かれはいろめてく あなたのとなり
うつろいゆく日々ひびあいへとわるの

どうか木々きぎたちだけは このおもいをまもって
もう一度いちどだけふたりのうえで そっとらして

やがて季節ときはふたりを どこへはこんでゆくの
ただひとつだけたしかないまを そっときしめていた

雪化粧ゆきげしょうまとえば おもいはぐれて
足跡あしあとしてく おときいたずら

どうか木々きぎたちだけは このおもいをまもって
永遠えいえん」のなかにふたりとどめて ここにつづけて

めぐる木々きぎたちだけが ふたりをていたの
ひとところにはとどまれないと そっとおしえながら

桜色さくらいろうころ わたしはひとり
あなたへのおもいを かみしめたまま

桜色舞うころ/森山良子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:桜色舞うころ 歌手:森山良子