1. 歌詞検索UtaTen
  2. 川江美奈子の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

川江美奈子の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

48 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

桜色舞うころ

中島美嘉

歌詞:桜色 舞うころ 私は ひとり 押さえきれぬ胸に

生きて夢みて(「サントリー天然水 南アルプス」CMソング)

川江美奈子

歌詞:生きて 夢みて キミに恋をして 水と緑と澄んだ青空と キミを守って

音樂

平原綾香

歌詞:知らぬまに私は泣いていた 降りそそぐあなたの音の中で すれ違い傷つけあったことも かなわない瞬間がある

祈り

今井美樹

歌詞:何が見えますか 瞼の向こうに どうかその場所があたたかいように 聴こえていますか ここからの声は

旋律

川江美奈子

歌詞:やわらかな雨のように ひっそりとあたたかく いつの間にこの胸に 染みこんでいたひとよ

今井美樹

歌詞:美しく伝うこともなく 拭い去ることも出来ないで その胸は何を抱えてる ただじっと愛に怯えてる

桜色舞うころ

中西保志

歌詞:桜色 舞うころ 私はひとり 押さえきれぬ胸に 立ち尽くしてた

ピアノ

川江美奈子

歌詞:私はきっともうすぐいなくなると 知ったらあなたは泣くのかな それともいつもみたいに恐い顔で 行くなと叱ってくれるかな

あなたがおしえてくれた

今井美樹

歌詞:戻らない季節の輝きを 過ぎゆく一日の儚さを はしゃぎ過ぎた夕暮れの寂しさを あなたがおしえてくれた

雨上がり光る花のように

今井美樹

歌詞:なぜ傷ついているの どこで羽根をなくしたの そんな美しい目で 悲しみを負っちゃいけないわ

ありのままでそばにいて

郷ひろみ

歌詞:時はただ僕のために 流れてくはずだった 自分以上に誰かを 思う日が来るなんて

夢暦

平原綾香

歌詞:おどけ上手の君がそんな目をするから あまのじゃくの私はほら、うまく泣けないまま いつもと同じ窓辺・・二度とは来ない午後 合図のベル響き渡り背中押されドアを出る

山手線

林明日香

歌詞:乗るはずの電車ふたつ 見送ったホームで あなたの手、離せぬまま 哀しい時計

Little Tiny Song

今井美樹

歌詞:さみしい夜は星を見上げる 昔、誰かが言いだしたおまじない 大人になればこわいものなど ないなんて嘘ね…強がり上手なだけ

HOME(NHKラジオ2015年12月度、 2016年1月度「ユアソング」)

MILLEA

歌詞:ただいま。誰もいない部屋に声かける 意味なんてないほんのきめごと ただいま。今日も上手く笑えていたかな 笑顔がいいねって言われるけど

雨のあと

今井美樹

歌詞:ひと雨過ぎたあとの 街の匂いが好きよ 恋へと駆け出してた 夕方が薫るから

ココニイル

alan

歌詞:ねぇ…ココニイル もしも世界が君に背を向けても 私だけは最後、味方になるよ 忘れないで 思い出して

Re-birth

中森明菜

歌詞:何度でも何度でも あなたを思うよ 涙が枯れてもずっと あなたを思うよ 生きていく

Ordinary Magic

今井美樹

作詞: 川江美奈子

作曲: 河野圭

歌詞:窓越しの光が あなたの横顔を照らしてる 思わず手を止めて 今を抱きしめたくなる

桜色舞うころ

清木場俊介

歌詞:桜色 舞うころ 私はひとり 押さえきれぬ胸に 立ち尽くしてた

ララバイ

川江美奈子

歌詞:さみどりの揺りかごを 忘れてしまったら 今そばに居るそのひとを うんと愛しなさい

moment

島谷ひとみ

歌詞:電話のボタン押しかけてやめたの 深い意味はない 今夜はひとりただ寝転んで 美味しい夢のつづき見よう

piece

新垣結衣

歌詞:黙ったままのメールを 手のひらに抱きしめる いつも何かが足りない 未完成パズルみたい

夕闇を待って

中森明菜

歌詞:もう二度と誰かと歩くことはないって きめてたこの海へ 春風にまぎれて あなたを連れだしたの 思いためすように

Song for you

平原綾香

歌詞:さよなら 心に鍵をかけましょう あなたの大きな手が好きでした 夢の終わり告げるように

足跡

今井美樹

歌詞:つよく抱いたらするりとかわす 砂の背中に焦がれたの 溶け合うことをこわがるように あなたはひとり闇をゆく

桜色舞うころ

城南海

歌詞:桜色 舞うころ 私はひとり 押さえきれぬ胸に 立ち尽くしてた

桜色舞うころ

徳永英明

歌詞:桜色舞うころ 私はひとり 押さえきれぬ胸に 立ち尽くしてた

桜色舞うころ

中村舞子

歌詞:桜色 舞うころ 私はひとり 押さえきれぬ胸に 立ち尽くしてた

Rojo -Tierra-

中森明菜

作詞: 川江美奈子 ..

作曲: 浅倉大介

歌詞:Ms. Una Tierra もっとそばに来て この腕に抱かせて