1. 歌詞検索UtaTen
  2. 家の裏でマンボウが死んでるP feat. 初音ミク
  3. 君を忘れた歌詞
よみ:きみをわすれた

「君を忘れた」の歌詞

君を忘れた 歌詞
家の裏でマンボウが死んでるP feat. 初音ミク
2016.2.3 リリース
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
せまふかもり世界せかいとらわれて
天狗てんぐ少年しょうねんんでいた
しかし ある しげみからこえたごえ
少年しょうねんかたえることになる

しげくさおくにはきずついたけもの
ではなく鼻血はなぢれた人間にんげん
ごえこえたあのおと
呼吸こきゅうはながピーピー現象げんしょう

天狗てんぐがここをられないように
人間にんげんもここにいではいけない
もりおきて"天狗てんぐ人間にんげんにはを"
どうもきにはなれないまりだ
ほか天狗てんぐつかるまえがしたいが
人間にんげんあし怪我けがしていた

大人おとなにはかくれおっさんを飼育しいく
かわいくないきたない あと世知辛せちがら
明日あしたはタバコとヨガマットってきて」
わがままうんじゃありません!

少年しょうねん出会であいも激情げきじょうゆめ
現状げんじょうあらがうこともあきらめていた
人間にんげんはそれをゆるせなかったのだろう
人間界にんげんかいはなし毎日聞まいにちきかせた

少年しょうねんひかりとも
勇気ゆうきがる
そこにはなにもかもあるようにおもえたから
よわっていた人間にんげん徐々じょじょ
あかるくなり怪我けがえていく
しかしなぜかここに理由りゆうはなさなかった

やがて二人ふたりわかれがおとずれた
なみだはない わらって 再開さいかいちか
ゆるんだのはしかたないことだろう
づけば天狗てんぐたちにかこまれていた

かれらは無慈悲むじひ殺意さついける
少年しょうねんちが人間にんげんあらがわなかった
「おまえって希望きぼうもどせたが
おれ元々死もともとしぬためにここにきた」

ころしちゃダメだ」こえかぎさけ
ねがいはつうじたがその条件じょうけん
たがいの記憶きおくすこと
少年しょうねん手渡てわたされたのは
ったものられたもの
たがいにかんする記憶きおくうしな

少年しょうねんわすれればまたかう
少年しょうねんんだ逆戻ぎゃくもど
結局けっきょくこのたがいをころ
躊躇ちゅうちょする少年しょうねん人間にんげんは「はやれ」とわらった

おれたちはよわい このこころ
いつも世界せかいしつぶされた
自分じぶんじゃ自分じぶんえられなかった
こんないたいのにわれなかった
でもとき容易たやすく、だれかにえてもらえる
それは一人ひとりではづけないこと
でもおれたちはそれをおしった
だからもう大丈夫だいじょうぶだ」

くちにしたのはおな言葉ことばだった
おれわすれても、そのおもいだけはわすれるな」
その約束やくそくむねさった
しっかりとさった

君を忘れた/家の裏でマンボウが死んでるP feat. 初音ミクへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:君を忘れた 歌手:家の裏でマンボウが死んでるP feat. 初音ミク