1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 花嫁になる君に歌詞

1971.11.20 リリース

「花嫁になる君に」の歌詞 吉田拓郎

iTunesで購入
曲名
花嫁になる君に
アルバム
人間なんて
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ゆびがふれたら
ぽつんとちてしまった
椿つばきはなみたいに
おそらく観念かんねんしたんだネ

きみはいつものよう
電話でんわぼくびだし
ぼくわらわせたあと
その宣言せんげんをしたのだった

料理りょうりならうのも
まんざらすてたもんじゃないよ

そちらから電話でんわったから
きみはもっとほかのことも
おうとしてたんだろう

受話器じゅわきをおいたら
おわってからはじめてづく
運命うんめいみたいに
ぼくにも かなしみがいてきた

きみはこれから ぼくに
気軽きがる電話でんわをしなくなり
ぼくの退屈たいくつさをすくってくれるきみ
いなくなったのだ

料理りょうりならうのも
まんざらすてたもんじゃないよ

とつぜん とてもたしかになったのは
とりのこされたのは
ぼくだったということなんだ

はなよめになるきみに/よしだたくろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:花嫁になる君に 歌手:吉田拓郎

リンクコード:

ブログ用リンク:

吉田拓郎 人気歌詞ランキング

吉田拓郎の歌詞一覧を見る

吉田拓郎のニュース