1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 白いレースの日傘歌詞
よみ:しろいれーすのひがさ

「白いレースの日傘」の歌詞

白いレースの日傘 歌詞
吉田拓郎
2003.3.26 リリース
作詞
岡本おさみ
作曲
吉田拓郎
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
きみがなみあそんでるのを
ねころびながら、ぼくはている
ながなみひざまでせるので
きみはこえをあげ、ころびそうになる

ふたりのなつがもう、かえってこないことを
ぼくらはってる、あきがおだやかなことも
もしも、もとめなければ

きみのしろいレースの日傘ひがさ
まわしてみれば、フリルがれる
てれくさいけど、なぜかあたたかく
かさなかにはわかいきみがいる

ふたりのらし、あのこころにひそむことも
すべてをってる、あきがやすらかなことも
そうさ、ゆずりあえれば

とりかたちつばさひろげて
つしぐさで、きみがさそ
ぼくはくつ靴下くつしたぎすてて
ふたりのかげだけ、なつある

陽射ひざしをびながら、日傘ひがさかぜれる
ふたりのかげそら日傘ひがさかぜれる

ぼくらはおもたちを、かたすのさ
そうさ、なつのことばで

白いレースの日傘/吉田拓郎へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:白いレースの日傘 歌手:吉田拓郎