1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 白いレースの日傘歌詞

2003.3.26 リリース

「白いレースの日傘」の歌詞 吉田拓郎

iTunesで購入
曲名
白いレースの日傘
アルバム
月夜のカヌー
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
きみがなみあそんでるのを
ねころびながら、ぼくはている
ながなみひざまでせるので
きみはこえをあげ、ころびそうになる

ふたりのなつがもう、かえってこないことを
ぼくらはってる、あきがおだやかなことも
もしも、もとめなければ

きみのしろいレースの日傘ひがさ
まわしてみれば、フリルがれる
てれくさいけど、なぜかあたたかく
かさなかにはわかいきみがいる

ふたりのらし、あのこころにひそむことも
すべてをってる、あきがやすらかなことも
そうさ、ゆずりあえれば

とりかたちつばさひろげて
つしぐさで、きみがさそ
ぼくはくつ靴下くつしたぎすてて
ふたりのかげだけ、なつある

陽射ひざしをびながら、日傘ひがさかぜれる
ふたりのかげそら日傘ひがさかぜれる

ぼくらはおもたちを、かたすのさ
そうさ、なつのことばで

しろいれーすのひがさ/よしだたくろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:白いレースの日傘 歌手:吉田拓郎

リンクコード:

ブログ用リンク:

吉田拓郎 人気歌詞ランキング

吉田拓郎の歌詞一覧を見る

吉田拓郎のニュース