1. 歌詞検索UtaTen
  2. 堀江美都子
  3. 冬の日の子守歌歌詞
よみ:ふゆのひのこもりうた

「冬の日の子守歌」の歌詞

堀江美都子
1989.3.10 リリース
作詞
仲倉重郎
作曲
G マルゴーニ
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
なぜおもいだすのか
おさなのことを
あふれるなか
やさしいパパとママ
なにもらずにすごした
あのころ

つるくさにからまり
左足ひだりあしくじいた
なつ夕暮ゆうぐれ
きじゃくったあたし
おもいでのひかりいまは
とおくに

あかいバラはもうかない
あおとりうたわない
ただかぜがふくの

あかいバラはもうかない
あおとりうたわない
ただかぜがふくの

ふゆ浜辺はまべ
十字架じゅうじかをたてよう
おもいでいろをした
おさなのために
ふたたびかえらない
あのころ

冬の日の子守歌/堀江美都子へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:冬の日の子守歌 歌手:堀江美都子