1. 歌詞検索UtaTen
  2. THE 虎舞竜
  3. 夏休み歌詞
よみ:なつやすみ

「夏休み」の歌詞

夏休み 歌詞
THE 虎舞竜
1995.3.15 リリース
作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
だれでもたのしみにしてた ちいさいころ夏休なつやす
秘密ひみつのかくれいえつくって あそんでいたのに

自転車じてんしゃはしまわってた はらっぱはすぐにくなって
アスファルトにおおわれて 面影おもかげもない…

あーちどおしい あーおさな夏休なつやす

煙草たばこはじめたのは 中二ちゅうにになった夏休なつやす
大人おとなになったがしたけど せきこんだだけで

きなおんな出来でき電話でんわをかけてみたけれど
つながった瞬間しゅんかんった ちいさくて…

あーせつなかった あーおさな夏休なつやす

高校こうこうはいったころには からだだけは大人おとなになって
使つかいもしないコンドームを ポケットにれて

花火はなび大会たいかいのあったよる さけったいきおいだけで
きでもないおんなあいもないまま…

あーむなしかった あーあお時代とき夏休なつやす

二年にねん片想かたおもいしてた あのごす夏休なつやすみ…
まえからきだった…。」とわれ むねいたんだ…

「どこかとおくにれてって…。」と おれのバイクにさきって
またがるおれつぶやいた 「わたしをあげる…。」…と。

二人ふたりまちのはずれにある やすいホテルの部屋へやはい
言葉ことばわさないうちに 口唇くちびるかさねた…。

あーゆめのような あーあいった夏休なつやす

あるあのなにわず 連絡れんらくもないつづいて
電話でんわをかけてもいで もらえないまま……

おれはあのいえまえ何日なんにちせていた
やっとあの瞬間とき こえもかけれず…

にはなみだかべてた まるで犯罪者はんざいしゃみたいに
両脇りょうわきかかえられたまま タクシーに

母親ははおやまわりをにして 病院びょういんはいってった
そして「中絶ちゅうぜつ」という判決はんけつけた

つぎ速達そくたつとどく もうすぐわる夏休なつやす
どうてもあのじゃない 「もうえない…。」…と。

あーあいゆめも あーかれた夏休なつやす
あーあいゆめも あーかれた夏休なつやすみ…。

あーあいゆめも あーかれた夏休なつやす
あーあいゆめも あーかれた夏休なつやすみ…。

夏休み/THE 虎舞竜へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:夏休み 歌手:THE 虎舞竜