1. 歌詞検索UtaTen
  2. 宮沢和史
  3. 死刑台への道歌詞

1998.7.18 リリース

「死刑台への道」の歌詞 宮沢和史

死刑台への道 歌詞
作詞
宮沢和史、パウリーニョ,モスカ
作曲
宮沢和史
iTunesで購入
曲名
死刑台への道
アルバム
Afrosick
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
何度なんどげれば まくりるのだろう
死刑台しけいだいへのみちあるくのにもつかれた

何度なんどげれば まくりるのだろう
死刑台しけいだいへのみちあるくのにもつかれた

かえしのつかないつみめたら
昨日きのうおかしたつみおもさから せるだろうか

まるでぼくみずにおぼれる子供こどものように
きみからだをかきむしり やみそこきずり

何度なんどげれば まくりるのだろう
死刑台しけいだいへのみちあるくのにもつかれた

ぼくらはなぜこのまれちたのだろう
ばなかせるために はじをさらしつづける

あいなぞかすかぎんだきみ
けっしてあがることのない スゴロクにさいつづける

何度なんどげれば まくりるのだろう
死刑台しけいだいへのみちあるくのにもつかれた

しけいだいへのみち/みやざわかずふみ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:死刑台への道 歌手:宮沢和史

リンクコード:

ブログ用リンク:

宮沢和史 人気歌詞ランキング

宮沢和史の歌詞一覧を見る