1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小野大輔
  3. 花火歌詞
よみ:はなび

「花火」の歌詞

小野大輔
2017.6.28 リリース
作詞
渡辺拓也
作曲
渡辺拓也
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
台風たいふうぎて まちかぜかんじていた
ぼくいそあし人波ひとなみをかきけた
東京とうきょうそら今夜こんやはなくらしい
そらちわびている くもひとつないまま

いそがしい毎日まいにちわれてねむるだけ
それらしいわけりにしてるゆめあと

だれもがやさしいけれど だれもがさびしいから
居心地いごこち場所ばしょにそっと ながれている
ぼくらはあてもなくて なにかにうから
あの花火はなびおもして

大人おとなになっていく
それに気付きづかず そら見上みあげてた
かえひまもないままに

あふひとたのしそうにあるいてる
ぼくなにかをさがして はししていたんだ

なにわぬ表情ひょうじょう日々ひびごしている
わすれられないのに わすれたフリしているゆめさき

明日あしたもまたつづいていく 今日きょうつづきだけを
らずらずのうちにきっと かえしてる
ぼくらはそれでもまだ なにかをしんじたいから
がる花火はなびながめてた

いろとりどりの
はないている そら見惚みとれてた
あのころぼくいにいく

たしかにいていた なつわるおと
かえひびむねおくけるおとだった

だれもがやさしいけれど だれもがさびしいから
居心地いごこち場所ばしょにそっと ながれるけど
ぼくらはあてもなくて なにかにうから
あの花火はなびおもして

大人おとなになっていく
それに気付きづかず そら見上みあげてた
かえひまもないのなら まえあるこう

花火/小野大輔へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:花火 歌手:小野大輔