1. 歌詞検索UtaTen
  2. 保志総一朗
  3. 恋花の涙歌詞
よみ:こいばなのなみだ

「恋花の涙」の歌詞

保志総一朗
2018.5.30 リリース
作詞
保志総一朗,木村明広
作曲
保志総一朗
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
かぜきみのそのかみひかるそのなみだ
れるゆびがあたたかすぎて ふるえてる

はじめてぼくぼくとして きみとき
こえ出来できないこのおもいに こころさけんだ

こんなにちかくでつめても 刹那せつなくてとおくて
まもりたい」とったあのとき せたなみだひかりける

このばして つつみこみたい
こわしはしないよ たったひとつのあいだから

まもってほしい」その一言ひとことだけ
ぼくげてくれればそれでいい それだけでたたかえるさ
きみなみだたくないから いま 満開まんかい恋花こいばななか

かぜきみのそのかみいかけたあの日々ひび
ぼくぼくでいたいとねがわずにいられないよ

この世界せかいまれた意味いみを いつからかさがして
たしかめたいむね宿やどった このこいはな なみだけてゆく

ゆめまぼろしはかないけど にしたぬくもり
わすれたくない感情かんじょう

この両手りょうてきしめたユメ
最期さいご瞬間ときにも かんじていたい こころから
まもりたい」と わらってげるよ
きみにもらった大切たいせつ気持きもち(もの) たったひとつのあいだけ
けっしてわりはないとちかって いま 満開まんかい恋花こいばななみだ
った…

恋花の涙/保志総一朗へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:恋花の涙 歌手:保志総一朗