1. 歌詞検索UtaTen
  2. LiSA
  3. 花とミツバチ歌詞
よみ:はなとみつばち

「花とミツバチ」の歌詞

花とミツバチ 歌詞
LiSA
2012.2.22 リリース
作詞
古屋真
作曲
黒須克彦
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
なんで?
えっこなんてきっと
出来できないほうがいいのに
ぼくになりたいだなんて
すのかとおもった

“いいな いいな 自由じゆうでいいな”
なんてぼくうけど
きかけの キミのスケッチが
自由じゆうにみえて たまらないんだ
ねえ

ぼくらはだれかにあこがれて 自分じぶんつけたら ばたく
ミツバチを綺麗きれいくキミが はなのように素直すなおえる
それぞれのそられていよう いま

なんで?
これ以上いじょういくらい
丁寧ていねいけているのに
ひまわりいろのミツバチ
やぶてるかとおもった

キレイゴトはきらいだけど
ちいさな自信じしんだけで
どこまでも きたいぼく
キミのつよさが うらやましいんだ
ねえ

ぼくらはひとりじゃないけれど 自分じぶんこたえを さがしてる
はなあせかくミツバチが いまぼくかさなってえた
それぞれのゆめうたおう さあ

そのまま キミはキミでいて かざらないままの ひとみ
僕達ぼくたちなやみが無駄むだなんて きっとだれにもえない
しろかべえる キミならそう そこに
金色きんいろえがかれたミツバチと そら一輪いちりんはな
それぞれのかぜあびて あるそう さあ

ぼくだけのそら
キミだけのそら

花とミツバチ/LiSAへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:花とミツバチ 歌手:LiSA