1. 歌詞検索UtaTen
  2. コラム&特集
  3. J-POP
  4. LiSA

LiSA「シフクノトキ」が持つ2つの意味を歌詞から徹底考察

LiSAの新曲『シフクノトキ』は、ピュアラルグミCMソングです。幸福感溢れる楽曲がCMにぴったり。あえてカタカナ表記にされたタイトルに込めた意味を読み解くべく、歌詞の考察を進めていきましょう。

グミを愛するLiSAの新曲「シフクノトキ」がピュアラルグミCMソングに


ライブでパワフルなパフォーマンスや力強い歌唱力で存在感を示すLiSAの配信シングル『シフクノトキ』は、カバヤ・ピュアラルグミCMソングに起用されています。

2022年6月1日から配信リリースされ、カラフルで幸福感溢れるジャケット画像も印象的。

LiSAの等身大の歌詞が聴く人の心をほぐしてくれます。

LiSAと共に作曲を担当した堀江晶太は、ロックバンド・PENGUIN RESEARCHのベーシスト。

日々の生活に忙殺されて余裕のない心にそっと入り込むような、前向きでノリのいいサウンドが癒やし効果絶大です。

LiSA自身、以前からピュアラルグミが好きだったそう。

個人的に愛を発信していたところCMに結びつくという、本人にとっても嬉しいニュースとなりました。

LiSAといえば『ソードアート・オンライン』シリーズや『鬼滅の刃』などで名曲を残し、アニメファンにとっても大きな存在感を放っています。

そんな彼女がこの度発信する新曲は、グミのCMソング。

力強くメッセージ性の強い歌詞が印象的なLiSAですが、幸福感溢れる新曲もまた、LiSAの魅力が満載です。

カタカナで書かれた『シフクノトキ』というタイトルに込められた意味とは。

さっそく解釈を進めていきましょう。

「シフク」に込められた2つの意味


『シフクノトキ』は、見ての通りタイトルがカタカナ表記になっています。

第一印象では「至福の時」が思い浮かびますが、LiSAがタイトルをカタカナ表記にしたのには他にも理由があります。

曲名に隠されているもう一つの意味。

それは「私服の時」。

家に帰ってきて、よそ行きの服から私服に着替えた瞬間。

制服から私服へ。

スーツから私服へ。

肩の力をすっと抜いて部屋でくつろぐ時間は至福です。

----------------
少し首もと緩めたら 華咲く夜の道を帰ろう
おつかれ 私の帰りを待ってるのは
果実の柔らかいご褒美の味
≪シフクノトキ 歌詞より抜粋≫
----------------

外から帰って来て私服に着替える瞬間、オンの自分からオフの自分へと切り替わるのかもしれません。

グミのCMにぴったりな歌詞です。

果実の皮に包まれた芳醇な果肉は、自分を開放する幸福感にもつながっています。

----------------
漏れた BGM ほろ酔いの BPM
LaLuLa LaLuLa テーマソング 流れ出す
ドラマの主人公に姿 重ねながら
アスファルトの鍵盤 鳴らし歩こう
≪シフクノトキ 歌詞より抜粋≫
----------------

休みの前日。

頑張った仕事終わりには、見慣れた横断歩道にもウキウキします。

白と黒のラインを鍵盤と表現するところに、気分の高揚が表れていますね。

ほろ酔い気分でお気に入りのドラマをつければ、自然と主人公になりきってしまうのもうなずけます。

----------------
がんばったわたし、がんばれなかったわたし
いつもありがとう
ささやかで美味しい シフクノトキ
優しく風が 頬撫でてくれた
≪シフクノトキ 歌詞より抜粋≫
----------------

仕事が上手くいった日もいかなかった日も、頑張れた日もそうでなかった日も、自分で自分を褒めてご褒美を

それが明日を生き抜く活力になるのです。

酸いも甘いも知った先にある小さな幸福


----------------
ほろ苦い思い出 甘酸っぱい面影
染み込んだ街
何もなかった頃よりも
なんだか わたし 楽しくやれてる
大丈夫 わたし げんきにやってる
≪シフクノトキ 歌詞より抜粋≫
----------------

生きていれば、辛い思いも苦い経験も重ねていくもの。

壁にぶつかる度にいちいちくじけたり凹んだりはしない。

それは、生きていく中で身につけていく強かさなのでしょう。

人生、波風立てず、大きな山も谷もない方が楽かもしれませんが、そこには感動も新鮮な驚きもありません

平穏な時間も大切ですが、ある程度は酸いも甘いも知っていた方が、人は幸せになれるのかもしれません。

----------------
夢が芽生えたあの日も
恋に敗れて泣いた日も
意地張って喧嘩した日も
仲直りして笑った日も
≪シフクノトキ 歌詞より抜粋≫
----------------

夢を見たり、恋をしたりしている瞬間は、世界はキラキラと輝いて見えるのに、失った時にはこの世の終わりのような気持ちになります。

それでも、心に芽生えたトキメキは確かにあって、人生の糧になっているはず。

素直になれず誰かとぶつかったり、喧嘩したり。

その時は傷付いたり気まずくなったりしても、相手と分かり合うことができれば、人間関係をより深められます。

----------------
がんばったわたし がんばれなかったわたし
いつもありがとう
ささやかで美味しい シフクノトキ
優しく風が 頬撫でてくれた
≪シフクノトキ 歌詞より抜粋≫
----------------

生きていれば、頑張れる日も全くダメな日もあります。

それでも、家に帰って私服に着替えれば、そこには自分だけの至福の時間が待っている

『シフクノトキ』には、人生をよりよく生きる心構えが詰まっているような気がします。

噛みしめるほどに味わい深いグミのような楽曲


----------------
変わってく景色も 変わらないこの気持ちも 住み着いた街
何でもない日が愛しい
いくつも季節 通り過ぎてゆく
大丈夫 わたし げんきにやってる
≪シフクノトキ 歌詞より抜粋≫
----------------

行きつけのカフェがなくなったり、新しくお気に入りの店を見つけたり。

何気なく見ている日常の風景は、めまぐるしく変わっていきます。

そんな日々の中でも、変わらない自分の気持ちをしっかりと持ち続けていれば、案外人生は楽しくやっていけるものなのでしょう。

当たり前にある景色が愛おしく感じられるのも、小さな幸せ

何気ない幸せを一つ一つ拾い集めて大切にすることが、毎日を楽しく生きるコツなのかもしれません。

頑張る時は頑張り、休む時は休む。

『シフクノトキ』は、ありのままの自分を愛し、小さな幸せを噛みしめる、幸福感の詰まった楽曲です。

大好きなグミのように、じっくりと味わってみてはいかがでしょうか。

LiSA(読み:リサ)岐阜県出身、6月24日生まれ。 '10年春より放送されたTV アニメ「Angel Beats!」の劇中バンド「Girls Dead Monster(通称:ガルデモ)」2代目ボーカル・ユイ役の歌い手に抜擢され、ガルデモ名義でのシングル・アルバム累計40万枚以上をセールスし、人気を集める。 '11 年春···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約