1. 歌詞検索UtaTen
  2. 樋口了一
  3. 桜の森歌詞
よみ:さくらのもり

「桜の森」の歌詞

桜の森 歌詞
樋口了一
2012.11.21 リリース
作詞
樋口了一
作曲
樋口了一
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
わたしまれた ちちえてくれた
ちいさなさくら こごえるふゆあさだった
ゆきをかきしろいきいて
ぼそ苗木なえぎをしっかりと大地だいちたせた

そしてちちそらいのささげた
このがこのとともにすこやかでありますように

ふゆをくぐり満開まんかいはなをつけるように
この人生じんせい希望きぼうはなひらくように

息子むすこまれた わたしえた
ちいさなさくら 初夏しょか陽射ひざしのなかだった
わたしよりもずっとおおきくなった
ちちさくらとなり無邪気むじゃきれていた

そしてわたしちちかたりかけた
あなたがこのめたおもいがいまわかるように

いつか息子むすこあいするだれかをいたとき
このおもなみだながすでしょうか

孫娘まごむすめれて 息子むすこえる
ちいさなさくら いまはる芽吹めぶきのとき
しろ産着うぶぎつつまれたまご
ほおにひとひらりてきたはなびら

薄紅色うすべにいろをしたねむれるきみ
あなたはおしえてくれた いのちとはつながるもの

けた彼女かのじょはうれしそうにわらいかけていた
おおきくえだった 二本にほんさくらほう

いつかわたしはきっとにするだろう
ここに無数むすうさくらもりひろがるさま

そしてくだろう銀河ぎんがのような花吹雪はなふぶきなか
たからかないのちわらないいのち詠唱うた

桜の森/樋口了一へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:桜の森 歌手:樋口了一