1. 歌詞検索UtaTen
  2. the GazettE
  3. 未成年歌詞
よみ:みせいねん

「未成年」の歌詞

the GazettE
2005.11.23 リリース
作詞
流鬼.
作曲
大日本異端芸者の皆様
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
がむしゃらになにかをさがしてた つまずいてもいいからまえ
馬鹿ばかげてるのはかってる、ただ後悔こうかいせぬようはしるのさ
信頼しんらいできるのは自分じぶんだけで、仲間なかまなんていらなかった
なにもかもにけてたやいば 思春ししゅんはねもろはかな
つよくなりたい 一人ひとりきるつよさを
本当ほんとう裏切うらぎられるのがこわいだけ
げてばかりじゃ何一なにひとわらないと
かってるのにわれぬぼくがいる
ほこらしげにかざしてた 孤独こどくというプライドは
やくたぬ理想りそうへとげるためのはねだった
ほこらしげにかざしてた 自己じこ主張しゅちょうという「RIOT」
このひかりこうには 自由じゆうなどなかったんだ
Teenage Bluely Days
れていた毎日まいにちおぼれてたんだ
気付きづいたら孤独こどく背負せおってた
つらかった。本当ほんとう一人ひとりなんてね
のぞんでかったんだ

つよがってばかりじゃ本当ほんとうかおわすれちゃうから
たまにちからいてだれかにたよこと大事だいじです
傷付きずついて…きたいとき大空おおぞらかって大声おおごえさけんでみて
わたしわたしわすれないように、わたしのままでいれるように。
こんなよわぼくのために背中せなかしてくれた
ちちはは仲間なかまはげますこえぼくひかりくれました
ほこらしげにかざしてた 孤独こどく思春ししゅんきず
やくたぬ理想りそうへとげるためはねだった
あおれたあのそら自由じゆうがあるとするなら
このほこたかはね千切ちぎれてもかまわない
ぼくはししてた がむしゃらにそら目掛めがけて
はねひろった落下点らっかてんは『自由じゆう』なのだと
素晴すばらしき家族かぞく素晴すばらしき仲間なかまった
最高さいこう日々ひびだった まれわったらまたおう…

未成年/the GazettEへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:未成年 歌手:the GazettE