1. 歌詞検索UtaTen
  2. PAN
  3. 影と光歌詞
よみ:かげとひかり

「影と光」の歌詞

影と光 歌詞
PAN
2005.5.25 リリース
作詞
川端彰
作曲
川端彰
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
いつまでたっても テレビをつけてみても
かさなるおもとは まえをかすめたりする
「また明日あした」とことが どれだけしあわせだろう
さえないそらいろは このならばたりまえだろう

決断けつだんとき 二人ふたり最後さいごこえ笑顔えがおわかげた
あのときらないままで まっているんだろう

そしてえた左手ひだりてあめなかかくった1つのきず
くるしくてかなしくていたこころこたえはいまえない

ごめん、どうしようもなく 電話でんわにぎっていた
はな言葉ことばゆびのきしむおとだけこえた

なにのための言葉ことばなのか こえにすればとどくのか
なにのための手足てあしなのか ちぎれるほどばすから

いまきみいたくて ひかりくともおそれは
もうすこしのまよいもきみのもとへかう
きずこころなどだれもがたない いやせぬままきてるんだろう
くるしくてかなしくていたこころこたえはけてえた

影と光/PANへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:影と光 歌手:PAN