1. 歌詞検索UtaTen
  2. 五輪真弓
  3. 忘れえぬ街歌詞
よみ:わすれえぬまち

「忘れえぬ街」の歌詞

忘れえぬ街 歌詞
五輪真弓
1994.3.9 リリース
作詞
五輪真弓
作曲
五輪真弓
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あめがはげしく午後ごごこころなごみ
まどからしてくる 銀色ぎんいろひかり
ガールズ・コミックをんでいた

高層こうそうビルがとおくにえる
ちいさなまちまれたわたし
ひとりでも さびしくはなかった
雨音あまおとつつまれていた あのいえ
いまわたしんでるまち

かさうでにかけて バスていってた
かどがってくる ライトがえたとき
ちちははなつかしさ

神田川かんだがわはしうえから
うねるようなかわながなが
日暮ひぐれても 子供こどもらとあそんでた
夕焼ゆうやけがあざやかだった あのおか
いまこえる あのごえ
いまこころわすれぬまち

忘れえぬ街/五輪真弓へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:忘れえぬ街 歌手:五輪真弓