1. 歌詞検索UtaTen
  2. 熊木杏里
  3. 太陽の種歌詞
よみ:たいようのたね

「太陽の種」の歌詞

熊木杏里
2014.12.17 リリース
作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ここでってる
ゆめている
沢山たくさん明日あしたたねいた

かぜってる
ふくらんだつち
ったしるしわらいかけてた

言葉ことばのようにこえはしないけれど
背中せなかをそっと ばして見上みあげた
そらなかのふるさと

ひまわりみたいにうえいて
きよう
自分じぶんだけじゃないとしんじて
1をつけたらつぎがあるよ

いまみんなのねがごとそだっているんだ
順番じゅんばんってる 太陽たいようたね

どんな場所ばしょとも
くらべられない「き」
数々かずかずおも今日きょうがあるから

大地だいちめる 芽吹めぶ季節きせつうた
そうふたたひびかせるんだ
むねおくのふるさと

ひまわりみたいにつよたか
すすもう
なみだあとえるまで
1人ひとり1人ひとり をとるように

いまみんなのねがごとひらいていたよ
おおきなはな太陽たいようあかし

そばにいる大切たいせつひと
やさしさがとどいてゆくように
しあわせのかたちわっても
なにわらない気持きもちがあるから
かならくから
いつもこころ太陽たいようたね

太陽の種/熊木杏里へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:太陽の種 歌手:熊木杏里