1. 歌詞検索UtaTen
  2. 米倉千尋
  3. ライラ・ライラ・ライ歌詞
よみ:らいら・らいら・らい

「ライラ・ライラ・ライ」の歌詞

ライラ・ライラ・ライ 歌詞
米倉千尋
1997.6.21 リリース
作詞
米倉千尋
作曲
鵜島仁文
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
かぜいろづく満月まんげつよる 恋人こいびとたちのダンスがはじまる
かみやさしくなでる指先ゆびさき あかまったいとれている

子供こどものようにねむ背中せなかむねをえぐるようなデ・ジャ・ヴ

ときえてたましいひびって めぐえたことをしんじたい
たとえまれわってもまた二人ふたり
はるとおみちをライラ・ライラ・ライ

ラストシーンかくされている 秘密ひみつ場所ばしょさがしている

前世ぜんせなんてあるわけないと わらいながらまどそとてる
そんな仕草しぐさがただいとしくて まちのざわめきわすれてしまうの

かがみうつつきのシルエット 言葉ことばなにもいらない

ときえてれながらひびって わたしなかいま ひろがった
ふたつの足跡あしあといかけるように
かさ未来みらいへライラ・ライラ・ライ

ラストシーンかくされている 秘密ひみつ場所ばしょさがしている

ふるぼけた映画えいがのように むねによみがえるデ・ジャ・ヴ

ときえてたましいひびって めぐえたことをしんじたい
たとえまれわってもまた二人ふたり
はるどおみちをライラ・ライラ・ライ

ときえてれながらひびって わたしなかいま ひろがった
ふたつの足跡あしあといかけるように
かさ未来みらいへライラ・ライラ・ライ

ときえてたましいひびって めぐえたことをしんじたい
たとえまれわってもまた二人ふたり
はるどおみちをライラ・ライラ・ライ

ライラ・ライラ・ライ/米倉千尋へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ライラ・ライラ・ライ 歌手:米倉千尋