1. 歌詞検索UtaTen
  2. 平松愛理
  3. チュピタンサスの木歌詞
よみ:ちゅぴたんさすのき

「チュピタンサスの木」の歌詞

チュピタンサスの木 歌詞
平松愛理
1992.9.18 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
わすれるわけはないわ そのこえ
鼓動こどういたきざみがはしった
一体いったいだれよ こんな夜中よなかにって
名前なまえうまでは プライドゆずれない
こんな瞬間しゅんかんがくる しんじてしんじてた
夜更よふらない電話でんわ きしめた日々ひび
ひとつ季節きせつぎて そしてあなたは
彼女かのじょのもとへかえっていったの
もうおそすぎるのよ おそすぎるのよ
いたいよと いまっても
すぐんでいきたい んでいきたい
でもあのころこころもう一度いちど ありないよ

二人ふたりったチュピタンサスの
さき部屋へやかえったわたし
おおきすぎるえだを こっそりって
丁度ちょうどね」なんてって のハサミかくした
あのうそ幸福しあわせのため
今日きょう わたし自分じぶんためうそをつく
えば二人ふたりかつときまで
二度にどわかえられないから
もう恋人こいびとがいる 恋人こいびとがいる
見抜みぬいてても だまっていて
どんなこいをしても こいをするたび
あなたとくらべているわたしわらせたい

もうおそすぎるのよ おそすぎるのよ
いたいよと いまっても
すぐんでいきたい んでいきたい
でもあのころこころもう一度いちど ありないよ

チュピタンサスの木/平松愛理へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:チュピタンサスの木 歌手:平松愛理