1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 野田洋次郎
  5. RADWIMPS:野田洋次郎、初のエッセイ本『ラリルレ論』が5/16に発売!!

RADWIMPS:野田洋次郎、初のエッセイ本『ラリルレ論』が5/16に発売!!



野田洋次郎(RADWIMPS)の初となるエッセイ本『ラリルレ論』(文藝春秋)が、5月16日に発売されることが決定した。本書は、2014年の全国ツアー「RADWIMPS GRAND PRIX 2014 実況生中継」の最中に、野田が執筆していた日記をもとにしているが、深い思索の末に辿り着いた恋愛観や死生観、音楽について、世界中で起こっている様々なニュースに対する考察などがRADWIMPSの楽曲を想起させる独自のテンポで綴られている。
掲載歌詞の一覧へJUMP

野田は6月6日公開の映画『トイレのピエタ』で映画初出演にして初主演を務めており、この本には監督・脚本の松永大司氏からの熱いオファーを受け、出演を決意するまでの胸の内も綴られている。活動の場をステージのみならずスクリーンにも広げ、多角的な活躍が期待される野田洋次郎の初の著書は、単なるミュージシャンの日記にとどまらない、いわば“思想書”のような仕上がりとなっている。

【野田洋次郎コメント】
期せずして今年30歳を迎える自分。今、自分が何者なのか。何に怯え、何を喜びに生きているか。また、周りを見渡した時に生じる疑問、違和感、不条理を一つ一つ残しておこうと思いました。そうやっておぼろげではありますが、世界と僕との距離、そして愛し合い方が分かってきたように思います。作詞とはまたまったく違う、脳内旅行体験をすることができました。
――野田洋次郎

『ラリルレ論』
2015年5月16日発売 ¥1500+税  文藝春秋
特設サイトhttp://hon.bunshun.jp/sp/rarirure-ron

【著者プロフィール】
1985年、東京都生まれ。ロックバンドRADWIMPSのヴォーカル&ギターであり、全作品の作詞作曲を担当する。2001年にバンドを結成し、05年シングル「25コ目の染色体」でメジャーデビュー。最新作『✕と◯と罪と』を含む7枚のアルバムと16枚のシングルをリリースし、日本の音楽シーンを牽引する存在として独自の輝きを放ち続けている。同時代的な恋愛観、死生観、宗教観を盛り込んだメッセージ性の強い楽曲は、若者たちを中心に圧倒的な支持を集める。またillion名義でのソロプロジェクトも行っており、ファーストアルバム『UBU』はイギリス、フランスをはじめとした世界各国で発売され話題となった。

RADWIMPSオフィシャルサイト http://www.radwimp.jp


【タユタ】の歌詞ページ
【おしゃかしゃま】の歌詞ページ
【37458】の歌詞ページ
【遠恋】の歌詞ページ
RADWIMPS 掲載歌詞の一覧へ

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

野田洋次郎 最新情報

リリース情報

illion
“P.Y.L [Deluxe Edition]”
now on sale

期間生産限定盤(CD)WPCL-12747 ¥2,500(税抜)
歌詞・対訳付
WARNER MUSIC JAPAN

■CD 収録楽曲
1. BANKA [映画『東京喰種 トーキョーグール』主題歌]
2. Miracle
3. Told U So
4. Hilight feat.5lack
5. Water lily
6. 85
7. P.Y.L
8. Dream Play Sick
9. Wander Lust
10. Strobo
11. Ace
12. BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix] *bonus track

野田洋次郎 Profile

【illion profile】
野田洋次郎(RADWIMPS)によるソロ・プロジェクト。
2013年2月に1stアルバム「UBU」を発表。このアルバムはワーナーブラザーズレコードから発売され、UK、アイルランドを皮切りに、日本、フランス、ドイツ、オーストリア、スイス、ポーランド、台湾で順次発売された。持ち前のポピュラリティはそのままに、より前衛的でフロア向けの楽曲が並び、また海外での活動を視野に入れ多くの楽曲が英語詞で構成されており、海外のオーディエンスにも大きな支持を得ている。
同年3月にはそのアルバムリリースに合わせてロンドン、ハンブルグで初ライブを実施。日本国内でのライブは未だ実現されておらず待ち望まれていた中、2016年、Fuji Rock Festival '16に出演、そして東京、大阪での初のワンマンライブが開催された。10月12日に更なる深化を遂げた2ndアルバム「P.Y.L」を発表。全世界先行配信シングル「Water lily」は海外のストリーミングサイトでも多数再生され話題を呼んだ。

■illion オフィシャルHP
http://www.illion-web.com/

RADWIMPS 最新情報

リリース情報

●2019年11月27日(水) 発売 
『天気の子 complete version』

★完全生産限定BOX
価格:7,500円(税抜)
品番:UPCH-29353
内容:CD+DVD+ARTBOOK
・Special Box仕様
・撮り下ろしカット及び映画の場面カットで構成したスペシャルアートブック付属(180mm × 202mm)

【CD収録内容】
『グランドエスケープ feat.三浦透子』を含む映画「天気の子」主題歌5曲のフルサイズ音源、及び「天気の子」主題歌の英語歌唱ヴァージョンを収録。
※本作品には、7月19日リリースのアルバム『天気の子』の楽曲は収録されません。

【DVD収録内容】
新海誠監督が映画「天気の子」の映像を編集し新たに制作した『グランドエスケープ feat.三浦透子』のミュージックビデオに加え、『愛にできることはまだあるかい』MVを収録。

【ARTBOOK】
RADWIMPSの撮り下ろしカット、及び映画「天気の子」の場面カットで構成された、現実の世界と映画の世界を両軸で表現したスペシャルアートブック付属(180mm × 202mm)。二つの本が一冊に綴じられた、特別なアートブックです。

★通常盤
価格:1,800円(税抜)
品番:UPCH-20540
内容:CDのみ

【CD収録内容】
『グランドエスケープ feat.三浦透子』を含む映画「天気の子」主題歌5曲のフルサイズ音源を収録。
※ 本作品には、7月19日リリースのアルバム『天気の子』の楽曲は収録されません。
※「天気の子」主題歌の英語歌唱ヴァージョンは通常盤には収録されません。
※完全生産限定BOX、及び、配信でのリリースとなります。




●2019年11月27日(水) 発売
『君の名は。』

★初回限定盤 / 完全生産限定にて復刻(アンコールプレス)
価格:6,400円(税抜)
品番:UPCH-29352
内容:CD+DVD+BOOK

2016年の発売当時、瞬時に完売になった「君の名は。」初回限定盤。熱いご要望と「天気の子」の大ヒットを記念して急遽アンコールプレスが決定!




●2019年12月11日(水)発売
「天気の子」

★完全受注生産限定アナログ盤
価格:4,800円(税抜)
品番:UPJH-20014/5
内容:重量盤2枚組(33 RPM)

※予約締切日:2019年10月6日(日)
※本作は7月19日リリースのアルバム『天気の子』と同じ内容となります。





●2019年7月19日(金) 発売 
『天気の子』(同名アニメーション映画のサウンドトラック)
価格:3,000(税別)
品番:UPCH-20520

主題歌となるボーカル楽曲5曲と、26曲の劇伴、計31曲を収録。

01. 「天気の子」のテーマ
02. 優しさの味
03. K&A 初訪問
04. 占秘館へようこそ
05. K&A 入社式

6. 風たちの声 (Movie edit)
7. 陽菜、救出
8. 晴れゆく空
9. 空の海
10. 御宅訪問

11. 初の晴れ女バイト
12. 祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子
13. 花火大会
14. 気象神社
15. 芝公園

16. 二つの告白
17. 首都危機
18. 真夏の雪
19. 天気の力
20. 家族の時間

21. 消えゆく陽菜
22. 永遠の雲の上
23. 晴天と喪失
24. 帆高、逃走〜子供達の画策
25. バイクチェイス

26. 陽菜と、走る帆高
27. 愛にできることはまだあるかい (Movie edit)
28. グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子
29. ふたたびの、雨
30. 大丈夫 (Movie edit)
31. 愛にできることはまだあるかい

RADWIMPS Profile

野田洋次郎(vo/gt/pf), 桑原 彰(gt), 武田祐介(ba),(Dr 山口智史は持病の悪化のため活動休止中)

2001年結成、2005年メジャー・デビュー。ジャンルという既存の枠組みに捉われない音楽性、恋愛から死生観までを哲学的に、ロマンティックに描いた歌詞で、思春期を過ごす世代を中心に大きな支持を受けている。

2016年夏公開の、アニメ映画「君の名は。」の音楽全般を担当し、バンドサウンドのみならず劇伴音楽でも多彩な作曲性を発揮し、非常に高い評価を得た(同作にて2017年日本アカデミー賞最優秀音楽賞を授賞)。同年11月23日、最新アルバム『人間開花 』をリリース。

2017年は全国ツアー「Human Bloom Tour 2017」(全国12ヶ所21公演)を敢行、その後6月から7月にかけて6都市(シンガポール、ソウル、香港、バンコク、台北、上海)、8公演のアジアツアーに発展。大成功をおさめる。5月には最新シングル『サイハテアイニ/洗脳』をリリース。夏にはFUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々のフェスへ出演し、各地を沸かせた。

2018年2月に劇場公開されたチェン・カイコー監督作品・日中共同製作映画「空海−KU-KAI−美しき王妃の謎」の主題歌/日本公開版挿入歌を書き下ろし、注目を集めた。

2018年4月には東京フィルハーモニー交響楽団とともに出演した「君の名は。オーケストラコンサート」Blu-ray&DVD、6月には最新シングルとしてフジテレビ系サッカーテーマソング『カタルシスト』をリリース。

同月に1ヶ月間という短期間の中でアリーナ会場6箇所11公演をめぐる濃密なツアーを敢行、7月からは約1年ぶりとなるアジアツアー「RADWIMPS Asia Live Tour 2018」がスタート。前回の6都市に加え、初めて北京と成都でも公演を行い、8都市で延べ4万人を動員する、バンド史上最大規模の海外ツアーとなった。

12月12日に待望のニューアルバム『ANTI ANTI GENERATION』が、そして今年実施されたツアーの模様を収録したLIVE Blu-ray & DVD「Road to Catharsis Tour 2018」をリリース。

▷RADWIMPS Official HP

胸熱コラボ!?織田かおり&結城アイラ、…

コレサワ「君のバンド」レコ発となる初の…