1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. AI
  5. AI 和と洋2つの世界観を1ステージで表現!最新アルバム『和と洋』を引っさげた全国ツアーがスタート

AI 和と洋2つの世界観を1ステージで表現!最新アルバム『和と洋』を引っさげた全国ツアーがスタート



AI、渡辺直美さんとコラボで最新曲「キラキラ」をバンドメンバーで披露

今年6月にリリースした約4年振りのオリジナル・アルバムナル「和と洋」を引っ提げた全国ツアーが9月9日(土)、川口リリア・メインホール公演で初日を迎えた。

「AI TOUR 和と洋」のステージは、アルバムのコンセプト、そしてAI自身の生い立ち、バックボーンでもある『和』と『洋』両極をテーマに掲げた、2つのセクションで構成。2つの世界観を1ステージで味わうことができる、今までにない斬新なライブ演出が最大の見どころだ。ステージのコンセプトや構成・衣装などもAI自身がトータルプロデュースを務めており、それぞれのセクションでステージセットや、バンドアレンジもガラリと変化させている。

『和』のセクションのバンドアレンジそして今回のツアーのバンドマスターを務めるのは、近年では加藤ミリヤ、久保田利伸、清水翔太、三浦大知、などのライブやアレンジなどに参加し多方面で活躍しているGakushi(ガクシ)。
<和-Disc>に収録されている『最後は必ず正義が勝つ』や『FEEL IT』などを、浮世絵を彷彿とさせるステージセットに和太鼓や篠笛、ジャンガラなどの楽器を交え披露。これまでのAIのステージでは見たことのない演出が一際目を引く。


一方、『洋』のセクションのバンドアレンジを担当するのは、Ne-Yoやショーン・キングストンのライブの演出も手掛ける世界的なプレイヤー兼プロデューサーのTURT(Anthony “TURT” Nembhard)が担当。『Right Now』『Sweet Nothing’s』などの英語歌唱曲を、海外アーティストの公演さながらのゴージャスなステージセットの中パワフルな歌声で聴かせ、圧巻のパフォーマンスで観客を魅了した。

アンコールでは、渡辺直美さんとのコラボで今話題の最新曲「キラキラ」を特別にAIとバンドメンバーで披露し、会場はハッピーなムードに包まれた。そして「どこにも出ていない、誰も聴いたことがない新曲を、今日は歌いたいと思います!みんなが初めてのお客さんです!」と、来年1月公開の映画『パディントン』日本語版主題歌に決定した書き下ろしの新曲「Little Hero(リトルヒーロー)」も世界初披露!ツアー初日はたくさんの人の笑顔あふれるステージで幕を閉じた。

最新アルバム「和と洋」収録楽曲はもちろんのこと、「ハピネス」「みんながみんな英雄」などのヒット曲も披露。
これまでにないコンセプチュアルなライブでAIの新たな一面を垣間見ることができるこのツアーは、12/17(日)鹿児島市民文化ホールの最終公演までに、全国34公演、75,000人を動員予定している。

10月25日(水)には、渡辺直美さんとのデュエットでいま話題の新曲「キラキラ feat.カンナ」(TBS系 火曜ドラマ『カンナさーん!』主題歌)や、数々のタイアップ曲、未発表新録ボーナストラックをプラスした最新アルバムの豪華盤『和と洋と。DELUXE EDITION』 をリリースすることも決定。作品をリリースするたびに進化し新たな驚きを提示してくれるAIの活動から、今後もますます目が離せない。

アメリカ生まれの鹿児島育ちである。12歳の時にアメリカのゴスペルを体験してそこから歌手を目指そうと決意した。2000年に「Cry, just Cry」でデビュー。その後、Def Jam Japan初の女性アーティストとして契約し移籍第一弾のシングルとして『最終宣告』をリリース。その後は日本のみならず韓国ソ···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

イトヲカシ、映画『氷菓』主題歌が11/…

伊勢正三45周年記念第二弾、初のフルラ…