1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. 女性アイドル
  4. 渡辺満里奈
  5. 渡辺満里奈デビュー30周年記念企画盤『MY FAVOURITE POP』発売記念! 元おニャン子クラブ新旧2トップが生放送のラジオで再会!!

渡辺満里奈デビュー30周年記念企画盤『MY FAVOURITE POP』発売記念! 元おニャン子クラブ新旧2トップが生放送のラジオで再会!!



新田恵利×渡辺満里奈、解散後初の2ショット♥ニャンニャン♥ポーズ!!

渡辺満里奈本人のセレクトによる30周年記念企画盤『MY FAVOURITE POP』が好評発売中だ。
1986年10月発売のデビュー曲「深呼吸して」を筆頭に「ホワイトラビットからのメッセージ」「マリーナの夏」「ちいさな Breakin' my heart」「虹の少年」など、キャリアを代表するナンバーからアルバムやシングルのカップリングのみに収められていた隠れた名曲など、活動年数と同じ全「30」曲が収録され話題となっている。

10月17日(火)、番組出演も活発のなか、渡辺満里奈がすてきな“先輩”とラジオの生放送で再会した。
ラジオ日本『加藤裕介の横浜ポップJ』の火曜日パーソナリティ:新田恵利のトークコーナーにゲスト出演した。
新田恵利といえば、渡辺満里奈の出身アイドルグループ、おニャン子クラブ(1985~87年)のオリジナル・メンバーの筆頭として君臨した絶対的なエース。
1~3番が欠番だったため、会員番号4番だった新田恵利は文字通り“ファーストおニャン子”。一方、渡辺満里奈は1986年3月に『夕やけニャンニャン』の「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に登場し史上最高得点で合格、コーナー司会のとんねるずに「もうおニャン子はお前のものだ!」と言わしめた逸材。
同年9月に新田恵利はおニャン子クラブを卒業してしまったため、渡辺満里奈にとってはたった半年間の共有時間だったが、やはりその存在感は特別なものだったようだ。1987年9月のおニャン子クラブ解散後「ふたりで向かいあう仕事は初」というほど良い緊張感のなか、番組司会の加藤裕介に「(おニャン子クラブ)会員番号36番の渡辺満里奈」と紹介され30年の時を経た特別な時間はスタートした。

渡辺「『夕やけニャンニャン』を中学生のときに家で普通に毎日観ていましたから。やだぁ~カワイコぶってとか言いながら。そんな文句を言っていた自分が入るとは思っていなかったですね」
新田「(動機は)生稲晃子タイプですね(笑)。アッコもお兄さんに薦められたんだけど“おニャン子はブスが多いから入るのは嫌だ!”って言ったらしいから」
2人 (爆笑!)

加藤 「今日一発目にかける曲はおニャン子クラブの「お先に失礼」ですが」
渡辺「私が初めてセンターで歌わせてもらった曲ですね」
新田「そう、まさに、これは世代交代の曲なんです!私はもうソロ・デューしていたから、後輩をセンターにして欲しいって上の偉い人に頼んだんですけど……アレ!?……ホントは仲が良かった永田ルリ子(会員番号18番)ちゃんになってほしかったんだけど」
2人 (爆笑!)

加藤「後輩の突き上げを感じることもあったのですか?」
新田「初めは私を応援してくれていたファンが後輩のファンになっていたこともありましたけど、それはそれで仕方ないかな~って」
渡辺「え、満里奈がソロ・デビューするの?って、思ったことは??」
新田「満里奈と美奈代のW渡辺は本当に勢いがあったからね。私のルリちゃんも頑張ってよ~みたいな」
2人 (爆笑!)

加藤「ところで満里奈さんは国生さゆり派?」
渡辺「(×の札を掲げて)。そういうのはまったく気にしていなかったです」
新田「満里奈はスイスみたいな中立な人だったよね。だって、満里奈も私もそういうのは気にしなかったよね……え、なにか?」

この続き、新旧2トップによるおニャン子クラブ談義は、過去1週間以内に放送された番組を後から聴くことのできるラジコのタイムフリー聴取でお楽しみください。メディア出演スケジュールはotonanoの渡辺満里奈『MY FAVOURITE POP』スペシャルサイトをご覧ください。
http://www.110107.com/30Marina

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

SUPER JUNIORファン待望の日…

エレファントカシマシ デビュー30周年…