1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. POLYSICS
  5. POLYSICS POLYMPIC 2017 FINAL!!!! 2017年10月14日 渋谷 TSUTAYA O-EAST公演 ライブレポート

POLYSICS POLYMPIC 2017 FINAL!!!! 2017年10月14日 渋谷 TSUTAYA O-EAST公演 ライブレポート



POLYSICSの結成20周年記念対バンツアーファイナル

POLYSICSの結成20周年記念対バンツアーファイナルであり、新メンバーナカムラリョウ(Guitar,Voice,Synthesizer)加入のお披露目ライブである『POLYMPIC 2017 FINAL!!!!』が、10月14日に渋谷・TSUYATA O-EASTで、ゲスト・バンドにCHAIとグループ魂を迎えて行われた。

チケット完売、超満員のフロアの前にまず登場したのはCHAI。「今日はみんな初めましてTOISU! POLYSICS20周年おめでTOISU! そして何より、呼んでくれてありがTOISU!」というあいさつに続いて、ミニ・アルバム『ほめごろシリーズ』の1曲目「Sound & Stomach」でスタート。
物販やCDの宣伝をマドンナ「マテリアル・ガール」にのせて歌い踊る「自己紹介」ではマナ(Vocal,Keyboard)とカナ(Vocal,Guitar)が10月25日リリースのファースト・フル・アルバムのジャケットを振り回して告知、後半ユウキ(Chorus,Bass)とユナ(Chorus,Drums)も加わってダンス、そして決めポーズ。「ボーイズ・セコ・メン」では、カナが英語でMCでするとユウキが「かっこいい男はだいたいセコい」と通訳する。
という、CHAIの定番をしっかり見せていくステージが、彼女たちを初めて観るPOLYSICSファン・グループ魂ファンに大ウケ。何度も大きな歓声と拍手が挙がった。なお、5曲目でニュー・アルバム収録の新曲「N.E.O.」も披露した。

女は、POLYSICSである」という港カヲルの前口上で幕を開けたグループ魂のステージは、POLYSICSのカラーに合わせたのか、「ペニスJAPAN」「君にジュースを買ってあげる❤」「押忍!てまん部」「高田文夫」等、彼らの中でもパンキッシュでハードな曲が並ぶセットリスト。ドラムソロをやめない石鹸を「俺らジャズやってんだよ! ふざけんな!」とカヲルさんが往復ビンタしたり、POLYSICS結成20周年のお祝いのメッセージという体で始まった「大江戸コールアンドレスポンス」で「ポリシックス!」「ポリ袋!」「ポリネシアンセックス!」と掛け声が暴走して行って収拾がつかなくなったり、いつもに増して自由極まりないステージに、O-EASTは終始爆笑に包まれた。

そしてトリのPOLYSICS、後方にヤノ(Drums,Voice)ひとり、フロントにフミ(Bass,Synthesizer,Voice)・ハヤシヒロユキ(Guitar,Voice,Synthesizer,Programming)・ナカムラリョウの3人が並んだ新鮮なフォーメーションに、オーディエンスは大きな歓声を送る。
途中までSE・途中から生演奏の「Introduction!」から「Buggie Technica」「SUN ELECTRIC」と、POLYSICS定番のオープニングだが、時にギター、時にシンセを操るナカムラリョウの活躍によって、他メンバー3人の(特にハヤシの)自由度がこれまでより格段と上がっていることが、この3曲ではっきりわかるステージ。5曲目「Digital Coffee」ではハヤシ、ギターを置いてハンドマイクになり、フロア前方のお客さんたちと握手して回る。

「今日出演してくれたCHAIそしてグループ魂、どうもありがTOISU! なんて言うんでしょう、千鳥っぽく言うと、クセがすごい3バンドが集まったと思います! なかなかないっすよ、こんな日は」とハヤシ。そして新メンバー、ナカムラリョウを紹介。「あだ名募集中なんで」とフロアに呼びかけるとすかさず「中村屋!」と声が飛び、フロアが笑いに包まれる。

「Young OH! OH!」「カジャカジャグー」「I My Me Mine」「each life each end」と、ライブ鉄板曲を並べた中盤を経て、ハヤシ、MC。
今日のお披露目ライブの前に「THE TOISU!!!!」という名前でシークレット・ライブを4本やった、観た人が「TOISU!!!!ってポリじゃん!」とツイートして情報が拡散されることを期待したんだけど、なんて空気の読めるファンでしょう、誰もバラさなくてまったく広がらなかった、それで千葉でやったワンマンは50人しか来なかった、おまえらもっとバラせよ!と言うハヤシに、みんな大笑い。「よくできたコピー・バンドだ」「いったい誰なんだろう?」などと、嘘に加担するツイートまであったとのこと。

「Tune Up!」で始まり「Shout Aloud!」まで駆け抜けた後半でも、4人編成の音の強靭さ、パフォーマンスの自由さを存分に見せつけ、本編が終了。
アンコールでは、結成20周年企画として行った『わらしべ長者リターンズ~次こそ目指せ一戸建て!~』で家を目指してハウス(食品)に到達した、今日はみんなにお土産がある──と、帰りに全員にハウスのハヤシライスをプレゼントすることを伝える。
そして、この4人で作ったニュー・アルバムが11月29日にリリースされること、年明けからそのツアーを行うことを発表。ニュー・アルバムのタイトル・チューン「That’s Fantastic!」をライブ初披露。続いて「Let’s ダバダバ」「Electric Surfin’ Go Go」のキラー・チューン2連発でイベントを締めくくった。

「結成20周年記念TOUR“That’s Fantasic!”~Hello! We are New POLYSICS!!!!」は、2018年1月11日千葉LOOKを皮切りに、3月2日リキッドルームまでの全22本が行われる。

■POLYSICS(ポリシックス) 東京No.1エレクトリック・エキサイティングバンド ―-― 精力的なライヴ活動は日本のみならず、海外でも数多くのライヴを実施、その実績は国内屈指を誇る。結成20年を経て新メンバー、ナカムラリョウを迎え、LIVEも楽曲も更にパワーアップ。 Official Site Blog ···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

POLYSICS 最新情報

リリース情報

POLYSICS「In The Sync」



★初回盤
価格:¥3,300(+税)
品番:KSCL-3191
内容:CD+DVD

★通常盤
価格:¥2,800(+税)
品番:KSCL-3193
内容:CD

【CD収録曲】

Broken Mac
Piko
Check Point
Twist and Turn!
Belong
Corn Flakes
Surprise me
Imitation, Strobe
Kami-Saba
Abrinbou
It’s Noisy
Frame On
Part of me

【DVD収録内容】

Live at SHIMOKITAZAWA 251 20181013
(ダブル・オーディオ・コメンタリー仕様)

配信はこちら

ライブ情報

POLYSICS TOUR 2020 ~SynchroにCity~

2020年2月2日(日)
千葉LOOK

2020年2月14日(金)
札幌COLONY

2020年2月16日(日)
仙台LIVE HOUSE enn 2nd

2020年2月21日(金)
金沢vanvan V4

2020年2月22日(土)
大阪Shangri-La

2020年2月23日(日)
名古屋CLUB UPSET

2020年2月28日(金)
福岡the voodoo lounge

2020年2月29日(土)
広島BACK BEAT

2020年3月1日(日)
高松TOONICE

2020年3月14日(土)
恵比寿LIQUIDROOM

POLYSICS Profile

■POLYSICS(ポリシックス)

東京No.1エレクトリック・エキサイティングバンド ―-―

精力的なライヴ活動は日本のみならず、海外でも数多くのライヴを実施、その実績は国内屈指を誇る。結成20年を経て新メンバー、ナカムラリョウを迎え、LIVEも楽曲も更にパワーアップ。

Official Site
Blog
Twitter(POLYSICS)
Twitter(The Vocoders)
Facebook
Instagram 

People In The Box、6…

ストレイテナー トリビュートアルバムに…