1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. AI
  5. AI、全国ツアー「和と洋」東京公演で 歌うことの喜び・感謝を圧倒的な歌の力で届けた。

AI、全国ツアー「和と洋」東京公演で 歌うことの喜び・感謝を圧倒的な歌の力で届けた。



約4年振りのオリジナル・アルバム「和と洋」を引っ提げた全国ツアーを敢行中のAIが、10月28日(土)国際フォーラム ホールAで東京公演を行った。

「和と洋」を引っ提げた全国ツアー

このツアーは、ステージのコンセプトや全体の構成・衣装などもAI自身がトータルプロデュース。コンセプチュアルでありながら、余計なものを削ぎ落としたシンプルなステージは、すでに公演を終えた各地のファンやメディアから『AIの圧倒的な歌唱力』をダイレクトに堪能することができると大絶賛。「AI TOUR 和と洋」のステージは、アルバムのコンセプト、そしてAI自身の生い立ち、バックボーンでもある『和』と『洋』両極をテーマに掲げた、2つのセクションで構成。『和』と『洋』2つの世界観を1ステージで味わうことができる、今までにない斬新なライブ演出が最大の見どころだ。

自由に楽しんでハッピーに



冒頭、「トーキョー!!みんな元気?今日は自由に楽しんでハッピーになってねー!」とAIが元気よく挨拶し、荘厳な『和』のセクションからライブはスタート。<和-Disc>に収録されている『FEEL IT』『みんながみんな英雄』などを、浮世絵を彷彿とさせるステージセットに和太鼓や篠笛、ジャンガラなどの楽器を交え披露。これまでのAIのステージでは見たことのない演出が一際目を引く。

東京公演には、<洋-Disc>に収録されている『WHAT I WANT』 という楽曲でフィーチャリングした若手注目株のラッパーのJinmenusagi(ジンメンウサギ)が今回のツアーで初登場。そのオリジナルな存在感と、AIとの絶妙なコラボレーションは観客を魅了し、大盛り上がりとなった。

「どんなときでも、いつも音楽に助けらてきた」



そして後半、「どんなときでも、いつも音楽に助けらてきた」というMCから歌い始めた『Music Is My Life』。〝神様、感謝してます こんな私に歌を歌わせてくれて ありがとう“と歌いながら、途中、感極まり涙ぐむ場面も。歌うことの喜び、歌い続けられることへの感謝を、圧倒的な歌唱力でステージから伝えたAI。自身のアイデンティティである「歌」に真摯に向き合い、シンガーとして在り続けることの覚悟を感じることができた圧巻のパフォーマンスだった。
アンコールでは、渡辺直美さんとのコラボで話題の最新曲「キラキラ」を特別にAIとバンドメンバーで披露。会場はハッピーなムードに包まれ、東京公演はたくさんの人の笑顔あふれるステージで幕を閉じた。これまでにないコンセプチュアルなライブでAIの新たな一面を垣間見ることができるこのAI TOUR「和と洋」は、12/17(日)鹿児島市民文化ホールの最終公演までに全国35公演、80,000人の動員を予定している。


TBS系火曜ドラマ『カンナさーん!』(主演・渡辺直美)の主題歌として話題になった「キラキラ feat.カンナ」をはじめ、2018年1月に公開になる映画「パディントン2」日本版主題歌など、数々のタイアップ曲・未発表新録曲を収録した最新アルバムのデラックス盤『和と洋と。 DELUXE EDITION』を10月25日(水)にリリースしたばかり。

作品をリリースするたびに進化し新たな驚きを提示してくれるAIの活動から、今後もますます目が離せない。

カメラマン:HAJIME KAMIIISAKA

アメリカ生まれの鹿児島育ちである。12歳の時にアメリカのゴスペルを体験してそこから歌手を目指そうと決意した。2000年に「Cry, just Cry」でデビュー。その後、Def Jam Japan初の女性アーティストとして契約し移籍第一弾のシングルとして『最終宣告』をリリース。その後は日本のみならず韓国ソ···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

「第3回さいたま国際マラソン」のポスタ…

CUBERS、ハロウィンイベントで活動…