1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 山内惠介
  5. 山内惠介 ワンマンコンサート映像の発売が決定!!約5,000席を満員にした感動のコンサート!!

山内惠介 ワンマンコンサート映像の発売が決定!!約5,000席を満員にした感動のコンサート!!



山内惠介、あの感動のライブを再び

今年3月に発売し、9月にはジャケットと収録曲が異なる新装盤がラインナップされた最新シングル「愛が信じられないなら」がロングヒット中の山内惠介。
10月6日に開催された、自身初となる東京国際フォーラム・ホールAでのワンマンコンサート、「山内惠介コンサート2017~まだ見ぬ歌の巓(いただき)を目指して!~」の商品も決定。
約5,000席を満員にした感動のコンサートの模様を収録。
DVDは12月13日、Blu-rayは2018年1月24日に発売。
 
同コンサートは、今年で8回目を迎えた「5大都市ツアー」の最終公演で、ツアーは、9月11日愛知県芸術劇場からスタートし、9月15日・16日北海道・ニトリ文化ホール、9月19日大阪・フェスティバルホール、9月22日福岡・福岡サンパレスホール、10月6日東京・東京国際フォーラムと全5カ所(全6公演)を巡り、約1万7,100人を動員した。

収録内容は、森山直太朗の「さくら(独唱)」でオープニングの幕を開け、玉置浩二の「田園」、五木ひろしの「待っている女」、彼が生まれた年1983年にヒットしたラッツ&スター「め組のひと」や村下孝蔵「初恋」などを歌った同い年のうたメドレー、尊敬する美空ひばりの「港町十三番地」、ファンとして同ホールでコンサートを見た吉田拓郎の「落陽」、髙橋真梨子の「for you…」などカバー曲が前半で22曲。
後半からは、オリジナルナンバーの「つばめ返し」をはじめ、「恋の手本」、NHK紅白歌合戦でも披露された「流転の波止場」・「スポットライト」、新曲「愛が信じられないなら」、デビュー曲「霧情」、北海道を舞台にした「風蓮湖」、「釧路空港」、コンサート定番曲「恋する街角」など16曲、更にバンド紹介パートを含め、この日に披露された全39曲となっている。

更に、今作のBlu-rayが発売される1月24日には、お客様からの熱い要望に応えて、DVDとしては発売されていた2011年から2016年までのコンサートと、今年2月に大阪・新歌舞伎座にて初座長を行った公演のBlu-rayの発売も決定。

山内惠介のコメント

「デビュー17年目、憧れの東京国際フォーラムでいつかコンサートを開きたいという夢を叶えることが出来ました。お一人お一人が客席に座って下さっていることで、会場の大きさを改めて実感しました。 会場に来られた方、来られなかった方にも、是非この日の熱気を感じて頂ければと思います」

■YouTubeビクターチャンネル
山内惠介「愛が信じられないなら」
https://youtu.be/uD_qZ3OyhS0

山内惠介(やまうち けいすけ)は、1983年5月31日生まれ、福岡県糸島市(旧・前原市)出身の演歌歌手である。1999年10月13日、地元福岡県のカラオケ大会にて、作曲家・水森英夫によってスカウトされる。2001年4月、その水森が作曲を手掛けた1stシングル「霧情」でデビューを果たす。2009年9月23日、···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

シェネル 初のオールタイムベスト発表!…

松川未樹、デビュー10周年記念感謝祭を…