1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. USAGI
  5. USAGI 1stアルバム「愛賛歌」発売の明日21時~ツイキャス放送!! ゲストにくみっきー登場!!

USAGI 1stアルバム「愛賛歌」発売の明日21時~ツイキャス放送!! ゲストにくみっきー登場!!



5月13日に待望のファーストアルバム『愛賛歌』を発売する、ストリート発の2人組バンドUSAGI(ウサギ)が発売日にツイキャスを実施し、スペシャルゲストとして人気モデル/タレントの舟山久美子(くみっきー)が登場することが明らかになった。
掲載歌詞の一覧へJUMP

舟山はUSAGIの最新シングル「好きをこえたヒト」に共鳴したことがきっかけで、同曲のミュージックビデオに出演し、ファーストアルバム『愛賛歌』のジャケット写真にも本物のウサギを抱いて登場。自身でアパレルブランドを手掛ける等クリエイターとしての側面も持つ舟山にUSAGIも意気投合し、改めて対談の場を設けたいということで今回のツイキャスへの登場に至った。

ツイキャスではMV及びジャケット写真撮影の裏話に加え、スペシャル企画として「くみっきーの恋愛相談&USAGIのアンサーソング」企画も実施予定。こちらは視聴者に募集した恋愛相談にくみっきーがアドバイスし、それを受けてUSAGIが即興ソングを創り披露するとのこと。配信は5月13日(水)21時頃スタートとのこと、一体どんな化学反応が生まれるのか、必見である。

恋愛相談はTwitterにて募集するとのこと。「#好きこえ」を付けて呟いてみよう。

●USAGI公式ツィキャス
http://twitcasting.tv/usagi_official

※ 5月13日(水)21時配信スタート予定

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

“ジャパンエキスポ2015” オフィシ…

ハルカトミユキ 渾身のミニアルバム『世…

アルバム情報

『愛賛歌』
発売日:2015/05/13

ファーストアルバム
「愛賛歌」

2015年 5月 13日(水)発売
初回限定盤 CD+DVD UPCH-29183 ¥3,500(税別)
通常盤 CDのみ UPCH-20384 ¥2,500(税別)

<収録曲>
01. 好きをこえたヒト (4th Single)
02. 最終バス
03. ここから (3rd Single)
04. Hello (2nd Single)
05. 当たり前じゃないってこと
06. 愛賛歌
07. 産声
08. USAGI〜不昧なストーリー〜 (2nd Single)
09. イマジン (1st Single)
10. スタッフロール

<初回盤DVD収録内容>

MUSIC VIDEO
「イマジン」「桜のような恋でした」「Hello」「USAGI〜不昧なストーリー〜」「ここから」「好きをこえたヒト」
『USAGIの冒険〜赤坂BLITZ編〜』LIVE VIDEO

タイトル / 歌手 歌い出し

Hello

USAGI

ホコリをかぶっている 地球儀を回してる 月が見えない夜の午前零時 このままで良いのかな?

好きをこえたヒト

USAGI

君と大好きな人がずっと 見つめ合っていられたら良い 愛していた 誰よりも 片想いの君は

スタッフロール

USAGI

僕の人生を描く映画があったとして そのフィナーレを飾るスタッフロールには 僕が出逢えた人たちの名前が溢れていて 色とりどりの文字がスクリーンを いつまでも昇ってゆく

産声

USAGI

あれこれ考えもせず よく泣いてたけど それでもあの人は 抱きしめてくれた

愛賛歌

USAGI

"バカヤロ"と言って抱きしめてくれた 君が泣いてたあの日こと 踏み出せない 自分の弱さを

当たり前じゃないってこと

USAGI

青空 花束 大好きな人 こんなにたくさんの 幸せの要素

最終バス

USAGI

寒さを凌ぎながら 春を待ちわびている 桜の蕾たちに 街灯りがスポットをあててる いつしか

イマジン

USAGI

「子供たちに夢を」 その言葉は大人たちの身勝手だろう? 誰もが皆 きっと 言葉ではなく

USAGI~不昧なストーリー~

USAGI

黒板の文字 拒んだあの日 まっさらなノートさらしてた 君への想い書くために残したスペース

ここから

USAGI

綺麗な空の青さを 優しい風の匂いを 気づかず通り過ぎてしまうほど 忙しくしないで 生きてることが辛いほど