1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. 女性アイドル
  4. 寺嶋由芙
  5. 寺嶋由芙、ワンマンツアー!仙台でユフ♬マリ復活!?北海道では寺嶋由芙の目にはうっすら涙が…!

寺嶋由芙、ワンマンツアー!仙台でユフ♬マリ復活!?北海道では寺嶋由芙の目にはうっすら涙が…!



寺嶋由芙ワンマンツアー!仙台でユフ♬マリ復活!?北海道では涙!?

寺嶋由芙のワンマンツアー「『寺嶋由芙の会いに行くつもり』supported by japanぐる~ヴ(BS朝日)」の仙台公演と札幌公演が2017年11月4日~5日に開催された。

11月4日の仙台公演はenn 2ndで開催され、オープニングではゲストの宮城県蔵王町のゆるキャラ・ざおうさまが登場した。
そして、寺嶋由芙とゲストの髙橋麻里(Dorothy Little Happy)による「ユフ♬マリ」が復活しての「HOTARU」でライヴはスタート。



ユフ♬マリは、2014年にイベント「@JAM」のために結成された期間限定ユニットで、同年に一度解散しているが、以降も「@JAM EXPO」などで毎年復活してきた。
しかし、2017年はまだ再結成が実現しておらず、髙橋麻里のホームタウンである仙台で遂に再結成を成し遂げた。

「HOTARU」を歌い終わると、寺嶋由芙は「ここで解散します! 普通の寺嶋由芙に戻ります!」と宣言。
しかし、「でも、もうちょっとふたりで歌いたいと思います」と、Dorothy Little Happyの「ストーリー」と寺嶋由芙の「ぜんぜん」を、寺嶋由芙と髙橋麻里によって歌うことになった。

今回の寺嶋由芙の全国ツアーでは、JOYSOUNDの最新ハイレゾカラオケ・MAX 2を使ったカラオケコーナーが恒例となっているが、仙台公演ではさとう宗幸の「青葉城恋唄」を髙橋麻里が歌う趣向も。
仙台を舞台にした大ヒット曲だが、髙橋麻里にとっては初披露だったという。
さらに髙橋麻里がDorothy Little Happyの代表曲「デモサヨナラ」を歌うサービスもあった。

髙橋麻里が歌っている間に衣装を替えた寺嶋由芙は、「天使のテレパシー」「わたしを旅行につれてって」、そして11月8日リリースのニュー・シングル「知らない誰かに抱かれてもいい」と、2017年のシングル曲を続けて披露。そして「80デニールの恋」も今回のツアーで初めて歌われた。

チケットの半券番号で指名されたファンがくじ引きをして、この日のセットリストに入っていない楽曲を寺嶋由芙が歌うコーナーも。仙台公演では「ゆる恋」が歌われた。
さらにメドレーや、寺嶋由芙のソロ・デビュー曲「#ゆーふらいと」なども歌われ、「知らない誰かに抱かれてもいい」のカップリング曲「好きがはじける」で本編は終わった。

「知らない誰かに抱かれてもいい」のMVがフルで初めて上映された後のアンコールでは、まず「ゆるキャラ舞踏会」で寺嶋由芙とざおうさまがコラボレーション。



さらに、仙台市のゆるキャラ・笹木君もステージに招かれ、寺嶋由芙、髙橋麻里、ざおうさま、笹木君というメンバーで「夏'n ON-DO」を歌い踊った。
ダブルアンコールでは、Dorothy Little Happyの「恋は走りだした」を寺嶋由芙と髙橋麻里で歌い、会場は大いに盛りあがった。
そして最後は、「知らない誰かに抱かれてもいい」のカップリング曲「世界で一番かわいい君へ」を寺嶋由芙、髙橋麻里、ざおうさま、笹木君で歌い踊り、ステージ上もフロアも幸福感に包まれたまま仙台公演は幕を閉じた。

翌11月5日の札幌公演はSOUND CRUEで開催。
この日は、寺嶋由芙が演歌に挑戦した「終点、ワ・タ・シ。」でスタートした。
さらに今回のツアーではライヴ後半に置かれてきたメドレーが序盤で歌われるなど、挑戦的なセットリストを展開。
「猫になりたい!」は、2015年にリリースされたものの一度もライヴで歌われたことがなかった禁断の多数決によるリミックス・ヴァージョンが初披露され、ライヴ前半の時点でかなりの趣向が凝らされることになった。

「カンパニュラの憂鬱」ではほくにっち君、岡村靖幸のカヴァー「だいすき」ではユニ殿とそらち姫が寺嶋由芙とコラボレーション。
「ゆるキャラ舞踏会」は、ほくにっち君、ユニ殿とそらち姫に、とっけを加えた、すべてのゲストのゆるキャラと寺嶋由芙で披露された。

その「ゆるキャラ舞踏会」を歌う前のMCで寺嶋由芙は、「11月の札幌はこんなに暑いものなのでしょうか」「ゆるキャラ IN MY HEAD」と発言。
寺嶋由芙のプロデューサーである加茂啓太郎が発掘したナンバーガールが、2002年11月30日に札幌で解散した際のMCをオマージュし、先達へのリスペクトを表した。

くじ引きコーナーで歌われることになったのは「ジュリエットのパラドックス」。カラオケコーナーでは、寺嶋由芙が敬愛する安倍なつみが北海道室蘭市出身ということで、モーニング娘。の「ふるさと」が歌われた。
「知らない誰かに抱かれてもいい」などを歌った後、「好きがはじける」で本編は終了。

アンコールでは、「ぜんぜん」でとっけとコラボレーション。
「世界で一番かわいい君へ」のMVがフルで初めて上映された後、ダブルアンコールではまず「世界で一番かわいい君へ」がすべてのゆるキャラととも披露された。
そして、ダブルアンコールの最後は、寺嶋由芙の日曜日のライヴでの定番曲「ぼくらの日曜日」。
この「ぼくらの日曜日」では、ゆふぃすと(寺嶋由芙のファンの総称)がラベンダー色のサイリウムを焚き、さらに大量の紙吹雪をまいて一足早い初雪を降らせるサプライズも。
寺嶋由芙が「頭おかしい!」と笑いながら称賛することになった。

ちなみに札幌公演では、寺嶋由芙の涙を見たと多くのゆふぃすとは語るが、本人は泣いていないと言い張る。
真相はどちらなのか?
泣いたとしたのなら理由は何なのか?
すべては北海道の大地のみが知ることとなった。

寺嶋由芙のツアーは今後、大阪、名古屋、東京でライブを開催予定。代表曲を聴かせつつ、各地でセットリストの一部が変更されていくので、ぜひ近くの会場でその日限りのライブを体験してみよう。

【セットリスト】
11月4日仙台enn 2nd

1.HOTARU (ユフ♬マリ)
2.ストーリー (ユフ♬マリ)
3.ぜんぜん (ユフ♬マリ)
4.青葉城恋唄 (Dorothy Little Happy 髙橋麻里)
5.デモサヨナラ (Dorothy Little Happy 髙橋麻里)
6.天使のテレパシー
7.わたしを旅行につれてって
8.知らない誰かに抱かれてもいい
9.80デニールの恋
10.猫になりたい!
11.わたしになる
12.ゆる恋
13.初恋のシルエット
14.みどりの黒髪
15.お願いバッカス
16.contrast
17.オブラート・オブ・ラブ
18.#ゆーふらいと
19.好きがはじける 
(アンコール)
20.ゆるキャラ舞踏会
21.夏'n ON-DO 
(ダブルアンコール)
22.恋は走りだした (ユフ♬マリ)
23.世界で一番かわいい君へ


11月5日札幌SOUND CRUE

1.終点、ワ・タ・シ。
2.天使のテレパシー
3.みどりの黒髪
4.お願いバッカス
5.contrast
6.オブラート・オブ・ラブ
7.猫になりたい!(禁断の多数決Remix ver)
8.わたしを旅行につれてって
9.カンパニュラの憂鬱
10.だいすき
11.ゆるキャラ舞踏会
12.ジュリエットのパラドックス
13.ふるさと
14.知らない誰かに抱かれてもいい
15.101回目のファーストキス
16.わたしになる
17.好きがはじまる
18.好きがこぼれる
19.好きがはじける
(アンコール)
20.#ゆーふらいと
21.ぜんぜん
(ダブルアンコール)
22.世界で一番かわいい君へ
23.ぼくらの日曜日

寺嶋由芙(てらしま ゆふ) 「古き良き時代から来ました。まじめなアイドル、まじめにアイドル。」 千葉県出身。早稲田大学文学部日本語日本文学コース専攻を卒業。中学校教諭ならびに高等学校教諭一種免許状[国語]取得。 初代”アイドルクイズ王”。アイドル活動に加え、イベント司会、ナレーター···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Do As Infinity × 渋谷…

東海発アイドルグループ MAG!C☆P…