1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 藤巻亮太
  5. 藤巻亮太 最高のバンドメンバーを迎え9都市を廻った『Polestar Tour 2017』終幕!

藤巻亮太 最高のバンドメンバーを迎え9都市を廻った『Polestar Tour 2017』終幕!



藤巻亮太 『藤巻亮太 Polestar Tour 2017』の最終公演

藤巻亮太が、9月にリリースしたサードアルバム『北極星』をひっさげたツアー『藤巻亮太 Polestar Tour 2017』の最終公演を11月18日(土)に東京・昭和女子大学 人見記念講堂で行った。

10月22日(日)の大阪・Zepp Osaka Baysideを皮切りに9都市を回ったツアーのファイナル、会場が暗転すると、美しいアルペジオが奏でられ、“ファーストからセカンドの時期の自分そのまま”という、幕開けに相応しい楽曲「go myway」でスタート。「ツアーファイナルへようこそ!生で初めて聞く曲が多いと思いますが、今日は音楽に身を委ねて楽しんでください。」と藤巻が会場に呼びかける。そして「今日はソロになって初めて、DVD収録もしようと思っていますので!」という知らせに会場からは大きな歓声が上がった。アルバムのポップナンバー「波音」から、レミオロメンのライブ定番曲「南風」では、藤巻の「行くぞー!」という掛け声に、会場全体が手を左右に揺らし一体感が広がっていく。


続く新作からのロックナンバー「紙飛行機」で会場のボルテージはさらに上がっていった。「レミオロメンからソロになって5年目なんですけど、今が1番充実していると思っています。始めた頃っていうのは上手くいかないことや大変なことが当然あって、ひたすらスタジオに通って曲作りをしていたんですけど全然曲もできなくて、それでも通っているなかでいろんな発見があって、その上手くいかない時期にちょっとずつ積み上げたものが、今の自分を助けてくれているような気がします。そんな時にできた曲を歌いたいと思います」というMCの後に、“冬の訪れ”という歌詞のフレーズも印象的な「優しい星」が演奏された。

ドラムの玉田豊夢と、藤巻のアグレッシブなプレイから始まる「ハロー流星群」に続き、「かすみ草」では激しいプレイとともにステージバックにメンバーのシルエットが映し出され、会場は熱気に包まれた。

「30代になりソロになって、沢山の出会いの中で様々な価値観に触れ、当たり前だと思っていたものが揺るがされ、壊してもらったことで新しいものに気付かせてもらいました。上手くいかないことを誰かのせいにするのではなく、自分自身が変わることが大事で、自分自身が目の前の鍵穴のマスターキーになれたら、鍵を開けて次の世界に行けるんじゃないか」と曲へ込めた思いを話して演奏された「マスターキー」、続く「月食」「another sotory」「愛を」では、藤巻の歌声が際立つ演奏に観衆は聞き入っていた。

「ソロを始めた頃は、どんなことをやりたいのか、わかっていなかった部分もあったんですが、気付くと、この『北極星』みたいなアルバムが作りたかったんだなと思うくらい、自信作に仕上がっています。」「ソロは一人とはいえ、一人では何もできず、素敵な仲間にいつも助けられています。今日も素晴らしいメンバーと演奏しています!」と、バンドメンバーの河野圭(Key)、設楽博臣(G)、御供信弘(B)、玉田豊夢(Dr)を紹介。

そして、アレンジに多彩なホーンが導入された最新作のレコーディングにも参加したタブゾンビ(SOIL&"PIMP"SESSIONS)と滝本尚志(ザ・ショッキング)を呼び込むとライブは後半戦に突入、賑やかなアンサンブルの「Have a nice day」でホーンの音が高らかに鳴り響き、「日日是好日」では、歌詞の“今日はいい日だな”というフレーズを藤巻がシャウトし、最高のバンドメンバーと迎えたこの日を思い切り楽しんでいるようだった。レミオロメンの「雨上がり」もホーンが加わった新たなアレンジで披露され会場の盛り上がりは最高潮となった。


続くMCでは、「2年前の夏に、実家の山梨に帰って、近くの公民館を借りて、そこへ楽器を持ち込んで曲作りをしていた時期があって。窓を開けると葡萄畑と桃畑が広がる甲府盆地が見えて、南アルプスがあって、自分が18年間育った景色がそこにあって。そこでの1番の出来事はレミオロメンの2人に出会ったことで、原点の景色を見た時に沸いてくる思いがありました。そんな思いを大事にしながら、また曲を作っていきたいと思います」と話し、「北極星」、そして「Blue Jet」というアルバムを象徴する2曲を熱のこもった演奏で披露し本編が終了した。

あたたかい拍手に迎えられたアンコールでは、復興支援および震災の記憶を未来に残していくことを目的に開催されている「ツール・ド・東北」のために書き下した「LIFE」、アルバムの最後を飾る楽曲「Life is Wonderful」、さらに鳴り止まない拍手に応える形で、藤巻の弾き語りによる「3月9日」を演奏しライブは終幕。最高のバンドメンバーとともに素晴らしい一夜となった。この日のライブ映像作品のリリースについては、後日発表となる。

9月20日(水)に発売されたニューアルバム『北極星』のオープニングを飾る「優しい星」が、11月21日(火)からオンエアされる三井アウトレットパークの冬のセールCM楽曲として使用され、女優の多部未華子さんが出演するCM映像が公開中。 ※一部の地域ではCMが先行してオンエアされます。


【公式】三井アウトレットパーク テレビCM【全国版】『ウインターセール篇』  


「優しい星」は、曲作りのために日々通っていたスタジオの屋上からの風景が歌われ、レコーディングにはレミオロメンのドラマーである神宮司治が参加したことも話題となっていた楽曲。

2012年2月にソロ活動を開始してから5年を過ぎ、常に自分自身と向き合いながら、その時の気持ちをストレートに歌にのせてきた藤巻亮太。バンドでは表現出来なかった衝動を詰め込んだソロ1st Album「オオカミ青年」、自らが作っていた固定観念をこえてありのままの想いを表現した2nd Album「日日是好日」。3rd Albumとなる今作『北極星』では、表題曲「北極星」をはじめ、日常の風景や非日常でもあるチベットへの旅、その時々の思いが歌となって綴られており、数々の名曲を生み出してきた藤巻亮太のソングライティングの魅力が、さらに進化して詰め込まれている。アレンジ面では、小林武史と久々にタッグを組んだ「another story」、「3月9日」のセルフカバーに続きSOIL“PIMP”SESSIONS・タブゾンビとのブラスアレンジ曲「Blue Jet」や「Have a nice day」などサウンドに広がりを見せている。そして、レコーディングには、レミオロメンのメンバーである前田啓介(ベース)が「Blue Jet」「Have a
nice day」「マスターキー」の3曲に、神宮司治(ドラム)が「優しい星」「紙飛行機」の2曲に参加している。

初回限定盤のみ、ボーナストラッックとして今年もツール・ド・東北の公式テーマソングとなっている「LIFE」、カロリーメイトのCMソングとして話題となったレミオロメンのセルフカバー「3月9日」を収録する。ジャケット写真をはじめとしたアルバム全体のアートワークは、地元・山梨にて撮影されたものとなっている。

アルバムタイトル曲「北極星」は、地元・山梨に帰って実家の近くの公民館に機材を持ち込んで曲作りをしていた時に窓から見える美しい景色を見て、この景色やここで出会った人たち、起こった出来事、過ごした時間、その全てが今の自分自身を作っているんだと心から思えた瞬間に溢れてきた想いが込められている。楽曲が生まれた場所、藤巻の地元・山梨で撮影され「北極星」のミュージックビデオも公開中。

藤巻亮太 - 「北極星」MUSIC VIDEO 

藤巻亮太 – 3rd Album『北極星』スペシャルトレーラー 



カメラマンクレジット:高田 梓

【藤巻亮太プロフィール】 1980年生まれ。山梨県笛吹市出身。2003年にレミオロメンの一員としてメジャーデビューし、『3月9日』『粉雪』など数々のヒット曲を世に送り出す。 2012年、レミオロメンが活動休止を発表、ソロ活動を開始する。同年、1stソロアルバム『オオカミ青年』を発表。以降も···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

VALS “イケVプロジェクト”発!ニ…

ACIDMAN 2017.12.13 …