1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. climbgrow
  5. climbgrow ロックンロールへの衝動性が詰まった3rdミニアルバム『FREEDOM』のリリースが決定!

climbgrow ロックンロールへの衝動性が詰まった3rdミニアルバム『FREEDOM』のリリースが決定!



ティーザー映像も公開!

今年7月にリリースした2ndミニアルバム『EL-DORADO』を携えた全国ツアーのファイナルワンマンライブを、滋賀B—FLATにて開催したclimbgrow。
そのライブのMCの中で、来年2018年2月7日に3rdミニアルバム『FREEDOM』がNarisome Recordsよりリリースすることを発表した。
また同時に、ティーザー映像も公開されている。

収録内容詳細については後日発表される。

前作『EL-DORADO』から更にロックンロールテイストが増幅され、climbgrowの衝動性を存分に
味わえる作品になっているとのことなので、2018年の彼らにも大いに期待してほしい。

climbgrow 最新情報

イベント情報

◆東阪レコ発自主企画
【climbgrow presents – No Guard -】
2018年9月6日(木) 下北沢ReG
OPEN 18:00 / START 18:30
前売:¥2,500- 当日:¥3,000-
※対バンは後日発表

【climbgrow presents – Three Sided Struggle -】
2018年9月12日(火) OSAKA MUSE
OPEN 18:00 / START 18:30
前売:¥2,500- 当日:¥3,000-
w/ WOMCADOLE and more

リリース情報

2018年9月5日(水)リリース
Mini Album『CROSS COUNTER』
NRSM-1005 / \1,800+税 / 流通:JMS
1.革命を待つ / 2.未来は俺らの手の中 / 3.LILY / 4.GOLDEN HOUR / 5.PAPER PLANE / 6.BABY BABY BABY

配信情報

iTunes Store、レコチョクほか主要配信サイトで9月5日(水)より配信スタート

その他ライブ情報

7月 5日(木) 『ズバンッ!』supported by NANIWAdelic@大阪MUSE
7月 6日(金) “京都大作戦 牛若ノ舞台 宵山 2018 ~KYOTO MUSEの乱~”@京都MUSE
7月 7日(土) 見放題2018(大阪)  ※climbgrowは BRONZE にて13:00〜
7月10日(火) 「鹹水と淡水」@福岡Queblick
7月11日(水) 「鹹水と淡水」@大分club SPOT
7月13日(金) 「鹹水と淡水」@周南LIVE rise
7月14日(土) でらノメサーキット(名古屋)  ※climbgrowはAPOLLO BASEにて18:00〜
7月15日(日) JAPAN’S NEXT 渋谷JACK 2018 SUMMER
7月22日(日) ワルフェス2018(東京)
8月 1日(水) “YAMAMUROCK FES. 2018” @大阪ESAKA MUSE
8月26日(日) 『湖国のすゝめ vol.2』@滋賀・守山blue
8月29日(水) kobore “爆音を鳴らせTOUR 2018”@奈良NEVERLAND
8月31日(金) kobore “爆音を鳴らせTOUR 2018”@岡山CRAZYMAMA 2ndRoom

climbgrow Profile

【climbgrow(読み:クライムグロー)】
滋賀県出身、1996 年生まれの4人組ロックバンド。2012年結成。

「閃光ライオット2014」では準グランプリを受賞し注目を集める。翌年10月には、タワーレコードのロックレーベル、too basaraʼs people recordsより全国流通盤ミニアルバム『Enter Here』をリリース。2016年9月に配信された「BLOOD MONDAY」は「ぱちんこCR蒼天の拳天帰」挿入歌と なり、iTunes ミュージックビデオ部門 デイリーチャート20位を獲得。

2017年7月には、ビクターエンタテインメント内のロック部門Getting Better Recordsが新設したインディーズレーベル「Narisome Records」より、『EL-DORADO』、『FREEDOM』の2作品を発表し、2018年9月5日には最新ミニアルバム『CROSS COUNTER』のリリースが決定している。

バンド名はclimb(登る)とgrow(成⻑する)を組み合わせた「成り上がり者」という意味の造語。杉野泰誠(vo>)の嗄れた声、人間味溢れるストレートな感情を綴った歌詞、テクニカルな演奏、そして男らしい圧倒的なライブパフォーマンスで 聞くものに共感と感動を与える。

http://climbgrow.com/

【Narisome Records】
数々の良質なアーティストが所属するビクターエンタテインメント内のロック部門Getting Better Recordsが運営する新たなインディーズレーベル。スピードと現場感覚が重視されるインディーズシーンを舞台に、このレーベルを通じて次代を担うアーティストを精力的に輩出していく。

レーベル名には、新鋭アーティストがシーンに向けて「鳴り初め(なりそめ)」となる作品をリリースし、アーティストとリスナーとの新たな「馴れ初め(なれそめ)」の場をつくりたい、という意味が込められている。

http://www.jvcmusic.co.jp/gbr/narisome.html

【Getting Better Records】
ビクターエンタテインメントで数々の良質なアーティストが所属するA&R部門。2013年からはライブイベント「MUSIC TAGS」も主催し、恒例となっている。

<所属アーティスト>
*Ivy to Fraudulent Game / KEYTALK / キュウソネコカミ / go!go!vanillas / THE BAWDIES / サンボマスター / 四星球 / SOIL&“PIMP”SESSIONS / BUZZ THE BEARS / 夜の本気ダンス / Red Spider / ROTTENGRAFFTY
*サカナクション ※NF Recordsよりリリース
*Dragon Ash / 降谷建志  ※MOB SQUADよりリリース
*BUCK-TICK ※Lingua Soundaよりリリース

http://www.jvcmusic.co.jp/gbr/

ドミコ 2017年の傑作アルバム『he…

BIGBANGの"D-LITE " …